terra4、オブジェクトの取り込み、その3

前回は、moonbusの3Dデータを.objでterragen4に取り込めたが、次に進めないまま終っていた。どうすればいいかも思い付いてはいない。
ともあれ、
次のゴールは、このオブジェを画面中央に置いて、背景の殺風景なTGデフォルト山とともに、tiff静止画へとレンダリングすることだ。
やってみるべし。

TERRAGENを起動して、moonbusのオブジェクトを、Add Objectする。
前回と同じだから少し慣れてきた。
前回まで、「コンパチにするか?」と聞かれて考えず「yes」にしたが、それでてこずる羽目に陥ったのかもしれないと思って、「no」で行ってみる。

すると、プレビュー画面で地表すれすれに小さなmoonbusが飛んでいるではないか。
あれ、いきなりうまくいったのか?

ちっちゃい虫が一匹、地表近くを飛ぶ。

そして、同じものを、サイズや位置をいじり、カメラ位置も変えて、

こんな画像になった。
っは、できてるじゃないか!。

なにはともあれ、
当初の手順案:terragenで直接読み込めない.3dsなどは、Blenderとかで読んで.objに変換してもらい、その.objをterragenで読んで、作画していく、
というのを実際にやれた!、というのが重要である。
慣れないことが多く、些末なところでつまずいて、へこたれそうになって愚痴と不平が出るが、時間をおいて自分をなだめすかして、やればなんとかなる、という見本のひとつであった。

ところで、オブジェクトの取り込みはこれでおしまいではない。どころか、はじまったばかりだ。
次は建物をやってみよう。
自然の中に、建物オブジェクトを置くのだ。
ドラマ性がある建物がほしいなぁ。

じゃあさ、その建物オブジェを探しに行ってくるね。

Visits: 18



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA