コロナ戦中日記

パンデミック下で、どう生き延びるか。

この画面は、簡易表示です

備忘3DCG

terragenのカメラ操作を、体験

ダリもどきでも描こうと思っているが、背景図をterragenで生成したい。

よって、まず、terragenのカメラを操る仕組みを、初めて、まともに独学する。

とはいえ、体当たり。「こうやったらこんな失敗になる」をたくさん体験することで習熟しようという、いきあたりばったり学習法である。

以下、イージーに理解&備忘という目的なので、省略やくどいところ多い。

(1)我流の理解

terragenでの作画で最重要なことはなにか? よくわからぬが、実際の景色をデジカメで撮るのと同じように、terragenが生成してくれた3次元の景色をfile化していっちょうあがり、ということだと捉えることにする。ということは、レンダリングするカメラを操ることが、第1のキモだ。

(2)カメラはどこじゃ

そこで、terragenを起動して、プレビュー画面に、defaultの「山と荒地」が表示されたら、cameraタブを押して、様子を見に行く。

Position 0,10,-30
Rotate -7,0,0

というのが、どうやら、カメラの位置と構えのパラメータらしい。

(3)左右、上下、奥行、という3点セット

terragenでは、(というか、3DCGでは)、画面の上下を垂直、画面の左右を水平、画面の手前と奥を奥行、と定義づけている。
Positionという項目は、それに対応していて、
・パラメータの1番目 は、右左(水平位置)
・2番目は、上下(垂直位置、高さ)
・3番目が、手前向う(奥行、遠近)
ということだ。フムフム。。。

(4)奥行実験:ここでは、カメラを思いっきり後退

まず、奥行きを変えたらどうなるか、ためした。
奥行の入力欄に、-50000と入れてみる。

50000メートル、始点がぐんぐん後ろに引いて、後ろの山を突き抜けてしまったのか、defaultでは見えていた山がなくなり、後ろの山の向こう側の山肌が見えているのかしら?。

もっと行くぞ。-100000メートル。

あらま、なんだこれ?
さっき突き抜けたばかりの山が遠くに見えているのか?

もっといくぞ、-200000メートル。

さっきの山が、遠くの遠くにいってしまった。
-200000もひいたので、球形の地表からみれば、浮かびあがったかんじだ。わずかながら、水平線がまるく見えるようになった。

もっと行け。-500000だ。

高度12000メートルを飛ぶ航空機から見る景色に似ている。
次は、-2000000だ。

フウム、ついに、カメラは、大気圏外にでたのか。
飛行機じゃなくて、スペースシャトルの窓から見てるかんじだ。
ここまできたら、
惑星の半分を見てやろう。-1500万だ。

かなり遠くまできたぞ。
もっと遠くに行って、次は、全球を見てやろう。-30000000だ。

このプレビューをrenderすると、

宇宙に浮かぶ惑星になった。月へ行く途中で地球を振り返れば、こんなかんじか。
ふーむ。なかなかの感動だな。

テラ(地球)をジェネレート(生成)できてる。
だから、「Terragen」という名にしたのだね。

これよりもっとカメラを引いて、月からみた惑星は、どうなるか?
terragenの引きの限度がどのあたりか、あてずっぽうの数字を入れてやってみたが、-1億ではだめだった。数値を減じながら試しているうちに、カメラの向きがずれてしまった。水平・垂直・奥行の位置を示すのに、自然対数(だっけ?)eを使ったのがでてきて、めんどくさくなってやめた。

Visits: 22


モナリザもどきで、terragenを使う、その2

どう作業するか、を考える。

額縁を切り取って捨て、中身だけにすると、こうなった。

サイズが、284×404。小さいので、でかくした。

web上では違いはわからないが、サイズは5倍、1030×1465 だ。

課題:モナリザの背後の景観を、別の景観にしてみよう。

モナリザの姿はそのままでよいので、切り抜いて、「近景」とする。

こんなかんじ。白い部分は、透明。

さて、terragenで、・中景・遠景を作ってみる。というか、terragenのdefaultで出てくる、なーんもない荒涼たる景観をrenderしただけ。

合成したのがこれ。

めでたく、モナリザがterragenを背負った。。。。と思ったら、、


あらあ、、
首のあたりに、terragenの山の稜線が写り込んでいる。

おかしいな。?? 確かめてみたが、重ね合わせしたレイヤーは、

切り抜きモナリザ画像:不透明度100%

だった。 どうして、下が透けてみえるのか? モナリザ画像のアルファチャンネルが、副作用してるんだろうか?

・・・15分ほど、あれこれやって、


修正できた。

同じレイヤをもうひとつつくって、

モナイザA + モナリザA’ + terragen

の3つのレイヤを重ね合わせたら、できた。

理由は いずれ。

モナリザの著作権については、著作権の開設しているサイトで、

/////////

古の名画については、人格権侵害行為の停止を訴え出る遺族が既にこの世に存在しません。そして著作権侵害は一部を除いて「親告罪」なので、被害者の告訴がなければ罪に問われることはありません。
禁じる権利だけは永遠に保持されているものの、実際にはそれを侵したところで何も起こらないというのが、過去の名画の画像改変の実態です。もちろんあまりにも侮辱的なひどい改変は非難の対象となるでしょうが、それはどちらかと言えばやった人の品性と見識が疑われるためですね。トリミングやサイズ変更・色調補正などをはじめ、常識的な範囲内の加工についてはまず心配無用だそうです。

///////////

ということだが、今後は、できるだけ、やめることにしよう。

じつは、ダリの絵をコラージュする形で、
・手前の、卵を持った指
・背景の、ヘンテコなオブジェがある砂漠と遠くの抜ける青空
をやってみたいのだが、
モナリザとちがい、ダリは死んでから60年たっていない。コラージュは芸術だ !!、と叫んでみても、著作権違反、変更されない権利の侵害など、被告は負ける。

でも、やってみたいので、ダリの絵をコラージュの材料にしないでやってみることにする。

Visits: 55


terra4:モナリザもどきで、terragenを使う、その1

これから試みる「モナリザもどき」は、あまり細かいことにはこだわらず、それでも原画を再現するかんじで行くことにする。

原画はこんなかんじ。

近景:人物

中景:村

遠景:空

のようだ。遠景の空が寂しいので、

myもどき図の遠景:雪を頂いたアルプスの連山

ということにする。

サイズは、どうしようかな。原図は、77 cm x 53 cmだそうだ。

最初のことだし、とりあえず、1540x103 pxでやってみよう。

Visits: 29


トライするも、わからず。代わりを見つけて成功

preview画面では見えるが、レンダリングするとまっくろ!!

どう対応するか、考えてみた。
1)ファイルがだめかどうか検査する。
2)何かのパラメータの設定で、うまくいくはずだから、パラをいじる。

1)ファイル検査といっても、中身をみるツールを持っていないし、それをweb上にさがすのも、気が遠くなる。そして、仮に、中身を見たところで、意味が分からないから、いじりようがない。
というわけで、できることは限られている。失敗した現在、自覚なしになにかやってしまったのかもしれないので、前回うまくいってるmoonbusのオブジェクトで手順を確かめ、その手順通りeastern castleをやり直してみる。
やりなおしたところ、moonbusはうまくいった。その手順を記憶して、eastren castleを慎重にやりなおす。・・が、結果は同じ、プレビューで表示され、カメラ位置も正しいのに、fullRenderingで真黒。

2)パラメータをいじることに挑戦。いろいろやってみた。
a)カメラ位置のいじくり。右上の丸い形の、ナビゲーションボタンとやらをいじくって、オブジェクトを正しくとらえてrennderingするものの、結果はまっくろ。
b)オブジェクトのパラメーターや、cameraのパラや、renderのパラを、項目すべて、いじくってはrenderingしてみる。こんな馬鹿らしい作業のやりかたはない。1回のレンダリング試行に数十秒かかるのに、総当たりしているのだから、これはバカとしか言いようがない。何を言いたいのかというと、基本を知らないまま体当たりで習得してやろうと挑んだ場合、どこかで≪恐るべきコストのかかるドツボにはまる≫ということだ。この問題の解決は、どっかのボタンを一回ポチッとするだけで一件落着となるはずだろう。それを期待して、そのポチッとする場所を探して、総当たりしている。
だが、かなりの試行をやってみてレンダリング回数もたくさんになっても問題は解決せずという事態が続くと、別の感想が湧いてくる。サルになった気分という感想だ。
サルに知能があるかとかを調べるとき、サルが正解のボタンをおせばおやつをやり、不正解なら何もやらないという方法がある。これは、おやつをもらえる「快」の回路をサルの脳につくることになるが、今回、私というサルも、問題解決という「快」をもとめて、たくさんのポチッをやり続けた。しかし、「快」は一度も与えられず、「今度こそ!」&「がっかり」の繰り返しが、サルの士気を下げ、次のクリックをすることが「怒りをこめた」作業になっていった。つまり、この作業は、わたしの全身にストレスホルモンを浴びせ続けるものとなった。本来、お絵かきという楽しいことが目的なのに。
ということもあって、「どっかのボタンを一回ポチッとするだけで一件落着となるはず」という確信が壊れた。

このデータでうまくいかないのなら、別のデータで試みればいいじゃないか、というわけで、もう一度データを探しにいって、Castle Bravilという3.objデータをダウンロードさせてもらった。
こういう外壁のお城。


壁の中に家や建物、水路や橋。

これを、

まったく同じ手順でゼロからオブジェクトの取り込みをおこなったところ、いきなりプレビュー画面に、カメラ位置がお城の内部にある画像が描画された。

どうやら、外壁の門を望む通路にいるらしい。

これをレンダリングしてやれ。

斜めから日が差し込んでくる朝の情景がrenderingされた。
まっ黒にはならなかった。

///

ここで体験したことは、オブジェクトのデータファイルは、問題なく使えるものと、面倒に巻き込んでくるもんとがある、ということだ。手間のかかる面倒に巻き込んでくるデータは、(1)使うのをやめるか、(2)せっかくのデータなのだから、なんとか面倒をのりこえる妙手を見つけ出すか、だ。

今回は、面倒を乗り越えられず、面倒のない他のデータをつかってしまった。これが、時間節約などコスパ面からは良いかもしれないが、面倒に出くわすデータもネバッテものにする道も忘れないでいたい。

とりあえず、この項、ここをendpointとする。

Visits: 24


terra4、オブジェクトの取り込み、その3

前回は、moonbusの3Dデータを.objでterragen4に取り込めたが、次に進めないまま終っていた。どうすればいいかも思い付いてはいない。
ともあれ、
次のゴールは、このオブジェを画面中央に置いて、背景の殺風景なTGデフォルト山とともに、tiff静止画へとレンダリングすることだ。
やってみるべし。

TERRAGENを起動して、moonbusのオブジェクトを、Add Objectする。
前回と同じだから少し慣れてきた。
前回まで、「コンパチにするか?」と聞かれて考えず「yes」にしたが、それでてこずる羽目に陥ったのかもしれないと思って、「no」で行ってみる。

すると、プレビュー画面で地表すれすれに小さなmoonbusが飛んでいるではないか。
あれ、いきなりうまくいったのか?

ちっちゃい虫が一匹、地表近くを飛ぶ。

そして、同じものを、サイズや位置をいじり、カメラ位置も変えて、

こんな画像になった。
っは、できてるじゃないか!。

なにはともあれ、
当初の手順案:terragenで直接読み込めない.3dsなどは、Blenderとかで読んで.objに変換してもらい、その.objをterragenで読んで、作画していく、
というのを実際にやれた!、というのが重要である。
慣れないことが多く、些末なところでつまずいて、へこたれそうになって愚痴と不平が出るが、時間をおいて自分をなだめすかして、やればなんとかなる、という見本のひとつであった。

ところで、オブジェクトの取り込みはこれでおしまいではない。どころか、はじまったばかりだ。
次は建物をやってみよう。
自然の中に、建物オブジェクトを置くのだ。
ドラマ性がある建物がほしいなぁ。

じゃあさ、その建物オブジェを探しに行ってくるね。

Visits: 24



top