コロナ戦中日記

パンデミック下で、どう生き延びるか。

この画面は、簡易表示です

備忘3DCG

Blender 事始め:はじめの一歩:視点操作と作業の本筋

2.6の時代にblenderをはじめて試し、2.7も2.8もインストールしただけで一つの3Dオブジェクトも作らず、2.9の今になって、やってみる。

マニュアルもチュートリアルもめんどくさいたちだが、youtubeと本で習うしかない。

まずは、視点操作のボタンやマウス使いを知る。
・テンキー
・インタラクティブナビゲーションという3D矢印
・ナビゲーションコントロールとして、4つ(パスとグリッド、カメラ、ドラッグ手、ズーム)
・透視切り替え方法(cntl+ALT+Qキー)
・・ひとつひとつ初めて操作して、ハハン、こんな動きか!と体験していく。時間はかかったが、必要な基本だ。1回の体験で操作に習熟できるはずもないが、blender使いとしてのいろいろな視点があるとわかってくる。

物体をいろんな視点から見る知恵がついたら、つぎは、どう3D物体をつくっていくのか、を体験する。
3D物体作りのコネコネは、編集モードで行なう。
・①物体を選択し、②頂点、辺、面のどれを弄るかを選び、③弄って変形する
というのが作業手順である。
①物体の選択:選択方法は、長押し、ボックス選択、円範囲選択、投げ縄選択がある。どれでやってもいい。
②頂点、辺、面のどれを作業するかを決める。どうしようかな、 頂点、辺、面 のどれをイジれば思った物体を作れるかな、とか考えながらやる。
③変形は、
・押出
・さしこみ
・ベベル
・ナイフ
・ポリビルド
・スピン
・スムーズ
・辺スライド
・リップ
・せん断
・拡大縮小
・(ケージによる拡大縮小)
というような道具を使って行なう。彫刻家がいろんな刃物やトンカチを使うのと同じだ。
物体が見にくいときは、移動したり回転させたり、視点を変えて(表示させ)、やりやすい視点で変形作業を行なう。

以上、blenderによる物体創造の基本でした。
まあ、どんなに込み入った物体でも、これでできる。

Visits: 16


備忘3DCG

素晴らしい景観を描きたいと思って、数ある3DCGソフトの中からTerragen3を選んだのが、2015年のころ。チュートリアルのサイトで一から学びながらやったものの、なかなかうまく描けない。そのうち、ver4が出た。pro版を購入して始めた。なかなか習熟できない。中断して4年。コロナでPCの前に座ることが多く、再開した。すっかり忘れている。以前の勉強メモを見ながらやってるが、すっかり忘れてる。思い出すのも苦労だ。

そこで、いま勉強してることをメモすることにした。

////////////////////////

まず、地面。草地面、赤土地面、雪地面、光沢ある砂漠地面。

・shaders、add、して、Surfacelayerをつくり、:colourを選ぶ。
緑色で「草地面」。
茶色で「赤土地面」。
白色で「雪地面」。
のようになった。単純なベタ色なので、ちょっとだけ、弄ってみる。
・地形には高低があるから、高いところと低いところで色がかわるか?をやってみる。
shader 、basecolour、colourで、
・・Apply high colour を「緑色」
・・Apply low colour を「黄色」
にすると、黄の下地の緑地面になるか?と思ったら、だいたいそんなかんじになった。
coverrage/breakupをデフォルトの1から0.5に下げると、「下地の黄色が混ざった緑地面」になった。
よしよし。
「砂が光っている感じの砂漠」をやってみる。shader,basecoloue,surface layerで、
・・luminesityを1
・・luminesityのtintを「茶色」
にすると、なかなかの「光沢ある砂漠地面」になった。
じゃあ、「雪平原」は、おんなじようなことでいいか?と弄ってみる。
・・ luminesityのtintを「白色」
にするだけ。ふむ。雪の質感は劣るが、とりあえず、雪景色にはなった。
・手前の平地を緑にして、遠くの雪山を描くには、
add、surfacelayer2と、別のサーフィスレイヤを立てて、
・colorを白としたまま、
・minimum Altitude(最低の高さ)を、その山の麓あたりの高度の値を設定すれば、
・・そこから上が雪(白)、下は、(basecolourで設定してあった)草(緑)という感じになった。

ここまでデフォルトのterrainのままやってたので、その景観に飽きてしまった。
たとえば、水平線が平らの景観にならないか?と思ったので、
・Fractal terrainのseedを変えてみた。数桁のランダムな値が設定されているので、これを
・・「1」
にしてみたら、わりと平らな水平線になった。ふむ。10,100,1000,10000,20000などと数字を入れて景観がどうなるかを見ていく。ランダムにいろいろな「遠景山景色・中景山景色」が出てくる。しかし、どんな山景色になるか前もって予期できないというのは、困る。
##宿題:望む形の山景色をほしい時は、どうすりゃいいの? たとえば、
・Game Of Thronesに出てくる、スコットランドやハイランド地方の、「崖と草地」とか
・「秋吉台」風の地面とか、
・真正面に「富士山」とか
思うままの形の「遠景山景色」は、どうすればいいのか。これは、宿題。

・さて、「雪の針葉樹林の平原」を挑戦する。
・・basecolour:白
・・surfacelayer:白、
・・coverarge:0.95
・・ここから、雪の下の草のつもりで、object、Add、Pop Grass clumpしてみると、雪の下に、黒っぽい縞模様が出てきた。
・・object spacingで大きな数値(100とか)をいれたqので、草と草の間隔が離れた。黒っぽく見えるが、これがホントは緑色かどうか、わからない。緑色にするにはどうづればいいのか、わからない。疑問を残したまま、
・「針葉樹林の林」をつくる作業へ。
・・object、add、tgoのpopulationすることとし、
・・・外部オブジェクトの針葉樹を選んだ。
・・・・オブジェクトの 針葉樹 では小さいので、xyzをそれぞれ10倍し、(spacing a,b)でそれぞれの間隔を大きく取って、表示させた。
・・・・・が、幹だけが描かれ、葉が描かれない。あれれ。なんでだろう。読み込んだこのオブジェクトは、データとしてエラーしているのか、それとも、 xyzをそれぞれ10倍しているところで「枝葉」画像をよまなくなるというterragen4側のバグなのか、 それとも別の原因か、わからない。ウーム。別の針葉樹オブジェクトを探してきてやったほうがよさそうだが、やれやれと気分になって、きょうはここまで、とする。
こまごました不如意が多い。

Visits: 41



top