コロナ戦中日記

パンデミック下で、どう生き延びるか。

この画面は、簡易表示です

未分類

4回目のワクチンをうつ

いま社会に存在しているコロナ株は、100%オミクロン株である。

いま政府が提供しているコロナワクチンは、オミクロン株には効かない。

岸田首相がみずから感染して、それを証明した。

政府内で「効かないのを国民にうたせてどうすんの?!」と嫌味を言われて、凹んだのdarou.

8月末にあわてて記者発表して、「10月には前倒ししてオミクロン対応のワクチン接種をはじめる。いや、何日雨から9月中旬にも開始したい」と言った。

私自身は、9月4日にこの効き目の期待できないワクチンを接種した。

効かないとわかっていて、接種した。

4回目をうったひとはあと5ヶ月たたないと次のワクチンを打てない接種運営ルールになってる。

首相が言うように10月から始めるオミクムロン対応のワクチンをうつには来年の2月までまつことになる。

少し待てば、10月11月に打てたかも知れないのに。

早くうつ権利をみずから放棄したようなものだ。

大損である。

9月4日に接種したのは、近所の内科開業医の医院であった。

接種しに来ているひとは、私の前にはひとりで、私のあともひとりだった。

小一時間待っていると、穏やかで丁寧に優しく対応してくれる老院長がきて、説明と質問の後、すぐ接種係の老看護婦(師とよぶべきだが、婦人という存在の持つ優しさは捨てがたい)が、わがまま老人をあやすように導いて、瞬間に接種は終了した。

老院長は、提供しているのが効かないワクチンだと知っている。

開業医が担当することを了解した医師会の幹部も、知っている。

政府が費用を出すので、医院のうりあげになる。

プラセボほどの効果もないただの水かもしれないが、政府厚労省が、昔のコロナに効くワクチンであると認めているから、責任と罪は政府厚労省にある。

というわけで、開業医は、「なんで無駄な労働をさせるのか」と怒ってはいない。

老看護婦もオミクロン株に効かないことを知っていて、接種業務をこなすだけの「無思考型労働」をやっている。

どこでもそうなんだろうと思う。

じつにひとの良そうな老医師と老看護師だから、「効かないものをなぜうつんだ!!??」と喧嘩をふっかける気が失せてしまった。

どこかにちゃんと喧嘩をふっかけて、ことを糺したひとはいるのかしら。

政府厚労省に「オミクロンに効かないものを、昔のウイルスに効くからと話をすりかえて国民をごまかした」ことを謝罪させたい。

Visits: 1104


今日17万。寒くなるともっとふえるんじゃなかったっけ。


感染数をみていたが、あいかわらずオミクロンが大きく勢いをや持っている。きょうの全国感染者数が17万人だ。今月のピークは24万人をこえていた。いまはややピークをすぎたかんじ。

東京は15000人。全数把握を中止しようとしているが、賛成したのは47都道府県中、3つほど。政府も役所も信を失っているのではないか。さぼるな!といわれているのだと感じる。

今週、ファイザーの4回目のワクチンをうつ予定だ。オミクロンじゃない古いウイルス用に開発された剤だ。いまは100%オミクロンなのに、うってなんの役に立つのかね。購入したので在庫処理でやってるということか。そこんとこグラスノスチ(情報公開)しろ。ゴルバチョフが91で死んだ。歴史を変えたひとだった。

Visits: 225


10万人を突破。

ブログを休んでじっくり感染数をみていたが、オミクロンBA5が勢いを増して、きょう、全国感染者数が10万人を超えた。

いま2万人の東京は月末には5万人と警告されているということから想像するに、全国レベルでは40万人を超えるという勢いだ。

弱毒化したのは事実としても、老齢者、持病者は、一回かかると重症化に一直線する。特別な香道っ制限はしないのが政府方針ながら、マスクは自衛のために続けたい。

Visits: 1562


減らないが、マスクは緩和。しょうがない。

新規感染者数5月30日分
全国12207(月曜)

・首都圏(東京1344神奈川903埼玉700千葉423)。
・50人を下回った県は、ありませんでした。

・大阪は5487

先週の感染者数は、1日あたり3万人をこえていた。きょうは月曜なので、すくない値だ。

Visits: 1663


そのうち「コロナはあっても、ないがごとし」となるだろう。それが終焉のかたちだ。

新規感染者数4月17日分
全国39291

・首都圏(東京5220神奈川3234埼玉2568千葉1911)。
・50人を下回った県は、ありませんでした。

・大阪は2707

//////////////////

1ヶ月ぶりにデータを入れた。

人数は減ってはいる。経過としては、BA2型がでたために、再拡大してきた。5月の連休をきっかけとした拡大が懸念されるそうだ。中国では、1日数万人になってきて、シャンハイなどロックダウン措置下に入っている。ゼロコロナという方針も変更の余地があるはずと国外のメディアは評論するが、共産党は習近平のメンツにかけてもゼロコロナを変えないだろう。

いまのコロナは、重症化の危険をかかえる持病持ち以外にはカゼみたいなものになった。カウントされる感染者数が数万数十万でも、インフルエンザ・カゼ並とみなせれば、人々の意識下からは問題視されなくなる。コロナはあっても、ないがごとし、となる。

世界はそういう方向になりそうだ。

Visits: 1305



top