コロナ戦中日記

パンデミック下で、どう生き延びるか。

この画面は、簡易表示です

提案とステートメント

コロナ感染爆発が政局を呼ぶか?自民には次のタマがない。おいらは、「医師を首相に、挙国医療人内閣をつくれ」と叫ぶぞ。

新規陽性者数
全国5759人
東京1592人

・「高出力のLEDで、コロナウイルス死滅。徳島の日亜化学工業が開発した。空気清浄機などの製品化が期待される」と読売新聞の記事。プレスリリースにすぎないか。

・「PCR検査は費用対効果がよくない」と田村厚労大臣。コスパが悪いと言う証拠を尋ねると、「アメリカでPCRがんがんやってもあれだけの感染者と死者がでてる」というような、証拠にならないヨタ話だった。PCR検査については、8月まで厚労省の医務技監だった鈴木氏が今月になって「2月にPCRをしぼる決断をしたが、どんどんやるべきだった」とインタビューに答えたりしている。えっ、と驚く発言だ。厚労省は、一体全体どういう組織なのか。いまなお世界で日本だけがPCR検査が不足不足している。あの組織は、腐っているのか?朽ちているのか? 消毒液をかけて、全殺菌したい組織だ。

・「病院や検査機関が国の要請に応じなければ、名前を公表する」と加藤官房長官。

(おいらの占い)アメリカでは、「2月3月にはコロナウイルスの変異種が猛威をふるうようになる」との観測が出ている。1月現在ではまだ変異種は少ない。日本ではもっと少ないが、変異種の感染力は半端ないので、いままでのやり方(マスク、消毒、湿度など)だけで自己防衛できるかどうか。変異種は、警戒の最大のテーマになるだろう。

・おいらは11月頃から、GOTOやめない首相を「インパール菅」、西村・田村・加藤の3大臣を「ノモンハン大臣」と呼んできたが、まさしくそのとおりの感染爆発状態だ。インパールもノモンハンも、旧陸軍の司令官の愚かさが丸出しになった軍事作戦の場所のことだが、すくなくとも、彼らは「司令官」ではあった。だが、菅氏についてこのところの状況をみると、お笑い芸人や若手の女子タレントなどからも「棒読みで、危機感が伝わってこない」(若槻千夏)と批判されるようになってしまっている。つまり、「あの人、司令官じゃないよ」と言われているのだ。おいらが「インパール菅」と呼んだ以上の軽蔑をあびせているのだ。その勇気と鋭さ、おそれいりました。haha。
・NNNと読売の世論調査で、内閣支持率が39%になった。支持しないが49%。「総理に指導力がない」が不支持理由のトップ。「政策に期待できない」「総理が信頼できない」が続いた。緊急事態宣言も「全国に広げるべき」が42%。法改正での罰則に反対が52%。政権末期の様相だ。
・次の候補のひとり、岸田氏がBS6に生出演していた。が、この人の受け答えは落第だ。言葉は丁寧だが、味も素っ気もない無情熱で、お公家と揶揄されるのも当然と思えた。この人は、頼りない。よほどツイてないと、すぐ国民に捨てられるだろう。

・「感染爆発で医療崩壊、医療全滅」と医師会などが危機を訴えるので、政府厚労省は、「民間病院がコロナを診ないからだ」と責任を転化している。ズルイ。尾身氏の系列病院(独立行政法人地域医療機能推進機構)に「コロナ患者受け入れ後ろ向き疑惑?」と、日刊ゲンダイがつついた。「4病院1415床あるのに、コロナ病床は84だけ。すくないじゃないか!」と煽っている。

Visits: 150


感染を確実に抑制しきれるなら、緊急事態宣言の解除日は3月7日でも4月7日でもかまわない。

緊急事態宣言の適応範囲が広がった。まあ、国民はもう誰でもが周知のことになった。おいらのまとめている日々の新規感染者数の報告も、どこかできいたことのある話に読者からは見えるだろう。緊急事態が終わる2月7日までは、簡単に集計を行うくらいにしておこうと思う。

新規感染者数
全国5870人
東京1433人

///////////////////////

当初、今回の緊急事態宣言は「飲食店を限定的に。8時までの営業」ということだったが、いまは「あさから晩まで不要不急の外出をしないでくれ」と、一般人の行動変容に重点が移ってきた。発出時は「限定的」と説明していた西村大臣などは「8時までなら接触も会食もOKというふうに受け取られたが、そうじゃない。1日中外出しないでほしい」と叫んでいる。

「限定的」だったり「24時間全面的」だったりするのは、毎日報告される数値に反応しているからだ。禁止したくなかった外国人の入国も全面禁止になるそうだ。変更するのは、しないよりもマシだが、いつもデータが出てから後追い変更するのは、先見性と決断力のなさを感じる。
先見性に依存した決断は、その先見性が間違っていたら、目も当てられない失敗、やりすぎの失敗になる。それで不利益を被った人は「補償しろ責任をとれ」と迫るだろう。失敗した決断者は解任され、別の人材を探すフェーズになるから、もともとの問題への対処とは異なる拗れた政局的場面になってしまう。ウイルス感染を緊急に抑制するといったケースでは、政局的場面に時間を賭けることは許されない。政局に時間を賭けるほうが社会にとって致命的だ。その場合、先見性の決断でリスクを侵すより、データが出てから後追いでやるほうが全体の利益に適合するのだ。これは、どうしようもない真実だ。先見的な判断には、快感があるが、バクチが伴うのである。
後追いでもたもたしながら、今まで言ってきたこととちがうことをやっていく姿は、みっともない。尊敬に値しない。が、ウイルスがどう振る舞うか予想不能で、全体の事態も流動的なら、知的な後追いでやる以外にしょうがないのではないか。
中国は初期には強権でロックアウトして鮮やかな結果を出したが、あれは、まぐれ当たりだったのではないか。
菅政府のここ2週間は場当たりと方針フラフラで、ひどい。データに追いついていけてない。専門家会議などの知的な人々も、もっと知的になるべきではないか。特に「解除する日」については、2月7日ありきではなく、これから出てくるデータを後追いで見ながら、柔軟に知的判断を行なう責任がある。感染を確実に抑制しきれるなら、解除日は3月7日でも4月7日でもかまわない。

Visits: 88


メディアは飲食店8時だとかの報道に偏りすぎ。本質を突いた議論をせよ。本質とは、「あほな行政指導部を取り替えなければ、コロナは収束できない」ということだ。コロナ戦時「挙国一致指導部」を作ろう

最新コロナ状勢
・緊急事態宣言が発出された。午前0時
・新規感染者数
・・全国7548人 過去最多
・・東京2447人 過去最多 
・・神奈川679人 過去最多
・・埼玉460人
・・千葉450人 過去最多
・・・1都3県合計4036人
・・大阪607人 過去最多
・・愛知431人過去最多

・1月20日の予想byGoogleは1万人越え

・コロナ病床8割埋まる
・陽性率14%。
・感染さらに加速
・京阪神3府県、宣言要請へ
・世界の感染者1億人へ。死者は180万人。

・宣言がでたばかりだというのに、さっそく、まちがった方向へ導くアドバルーンも上がっている::
(1)「宣言解除の基準は、東京1日500以下」(西村大臣)
(2)「解除されたら、GOTO再開」(自民党調査会)

//////////////////

【挙国一致できる指導部が必要だ】

「緊急事態宣言:2月7日まで」が発出された。事態によっては延長される可能性もあるが、早く抑制して、1月31日でおわりにしたいと、政府は目論んでいる。
12月31日まで「緊急事態宣言の状況ではない」と言ってきた首相は、1月4日に宣言を検討する姿勢に急変した。識者マスコミはこぞって、「遅きに失した」と批判。いまさら「限定的な緊急事態宣言」(やることを「飲食店制限」に絞って狭めた不徹底な要請、イベントの制限など曖昧でゆるゆる)をはじめても、評者には「感染数は抑えられない。良くて横ばい。3月まで、この調子」という論調が多い。
現状をどう捉えるか? 感染は皆で抑制しなければならないのは自明だ。自公の政府は遅くとも11月には先見性を発揮して、その時点で緊急事態宣言をやるべきだった。人の接触を止める勇気がなく、経済を言い訳にして、ヒトラーと融和しようとした往時の英チェンバレンのように、みごとに失敗、ヒトラーの侵略ならぬコロナウイルスの侵略を招いたのだ。
こうなっては、自公政権は降りなければならない。ときは「挙国一致、コロナウイルス戦争指導部」政権でなけれなならない。一部の利害関係者に忖度してよたよたしている自公ではなく、チャーチルなみの「屈するものか」という鉄の意志で、国民の志を鼓舞し、役人の尻をたたき、医療人に物心両面での不足ない支援を配給して、挙国的指導をできる政府の体制でなければならない。
対コロナの挙国体制は、選挙でつくっている時間はないから、今の国会議員で編成するしかない。議席数の強弱ではなく、各政党から「英語ができ、医師免許ある議員2名・博士号を持つ議員を1名ずつ出」させて、科学的判断ができる科学者医師による臨時政府をつくるのだ。これを21世紀の日本の集団指導型チャーチルとして、対コロナ戦争をするのだ。
もう、国民に飽きられた利権政治屋はクビにしなければならない。

Visits: 142


コロナウイルスから菅首相に強烈なお年玉。正月明けに緊急事態宣言は必至だ。

最新コロナ状勢
新規感染者数
全国4518人 過去最多
東京1337人 過去最多
大阪313人

・年の最後の日に、大きく過去最多を更新した。
きのうの数値に比べると、2割3割増しという大幅な増加。首相・知事・当局のコロナ対応が失敗していることを如実にものがたる事実をあらためて突きつけられている。
国民は「正月が勝負」と呼びかけられているが、「緊急事態宣言をださないで国民に要望するばかりの政府は真剣度がたりない」と感じている。
・1月の感染状況は最悪になると専門家会議も表明するほどだ。感染がオーバーシュートして最悪にふえれば比例して中等症と重症が増える。いまでさえ医療機関で受け入れられる量の限界に近づいているのだから、正月3が日でパンクしてしまうかもしれない。
政府当局は、東京神奈川埼玉の首都圏で非常事態宣言する以外にあるまい。インパールGOTOで日本人の気を緩めたインパール菅とインパール二階の責任は、必ず問われなければならない。
いまは、コロナ戦時である。戦時内閣としての実行性を持たよ。そして、政治当局者を切り替えて、内閣は全員医学系専門家で編成するのがよい。戦争中なら軍人内閣もありうるように、コロナに勝つまでは、医療人内閣でよい。「経済が大事」という見解には、「ほしがりません、ゼロコロナになるまで」で我慢してもらえ。

////////////////////////

3月末にブログを開設。くたびれながら連日書いてきました。大晦日が感染者数最悪の日になるなんて、誰も予想しなかった事態です。おいらも12月初旬ごろは、3500人くらいをピークに落ちると予想してましたが、そういう中休みは起きず、いまは、蛇がぐいっと鎌首をあげるようなオーバーシュートの気配濃厚です。新年の推移はどうなるでしょう? 「市中で感染爆発したとき、個人はどう対処すべきか」というような観点を忘れず、書き続けます。
じゃあね、よろしく。

Visits: 115


どんな言い訳したって尾身氏は御用学者のA級戦犯。医師会,医療9団体に続いて、病院会の相澤会長に「緊急事態宣言を出してくれ」とテレビ公表されても素知らぬ顔の首相は、きょうも、「尾身会長から緊急事態宣言の状況ではないといわれてます」と失政の正当化につかわれてたぞ。

最新コロナ状勢
新規感染者数
全国3833人
東京884人
大阪294人

午後6時からの首相会見の生中継の最中に、速報が打たれた。なんだ? とおもったら、全国新規感染者が過去最多になったという速報。医療界から緊急事態宣言など強い措置を要求されて記者会見に立っていた首相は、要求を聞かず、あいかわらず静かな年末年始を国民にお願いしていたところだった。クリスマスプレゼントにお願いをもらって鼻白む全国民。
会見後10分、舛添氏が「首相はたにがいいたくて緊急会見したのか」と、あきれはてたと言わんばかりのコメントを打った。おいらも同感。
インパール菅は、真骨頂で我が道を行っている。金を惜しんで命惜しまぬ鬼である。映画なら、鬼滅の刃に首を打たれる宿命だが、さて、どうなるか。

Visits: 122



top