コロナ戦中日記

パンデミック下で、どう生き延びるか。

この画面は、簡易表示です

2020 / 7月

あなたは自分の身に降りかかるコロナの今夏を生き延びられるだろうか? 

東京、367。全国、1300を越えた。
きょうの、感染数は最多を更新している。
小池氏が
「8月3日から31日まで、飲食業の営業時間を午後10時までとする要請を出し、20万円の埋め合わせをする」
と発表。
尾崎氏(東京都医師会長)が、
「感染拡大が続く新型コロナウイルスを収束させるには法的拘束力のある補償を伴う休業要請を可能にする必要がある」
と、国会を開いて法改正しろ、と記者会見した。
西村大臣は、7/31の午前に分科会を開く。政府と分科会は、先週、この分科会がGOTOキャンペの再検討を進言しても政府は採用しないかった、という関係であるので、分科会が「緊急事態に相当」くらいなことを言っても、政府は「経済を止められない」で、終わるだろう。


野党は、憲法53条(衆参いずれかの議員の四分の一以上の要求があれば、臨時国会を開かなければならない)で国会を開かせようとしている。安倍麻生菅氏は逃げようとするだろう。

政府内の機関が公式に評価を定めた。「日本の好景気は2018年に終わっていた。景気の良かった期間中も、年率0%台の年が数回あった。好景気という実感は薄かった」といった内容である。アベノミクスはないも同然だったということか。これを聞いた西村大臣は「そんなはずなない」と反発している。

日本の今年の4-6月期の成長率は、マイナス3.4%。NHK報道では、来年は、プラスを予想しているとのことだが、予想の算出にどういうファクターをつかっているのだろうか。コロナが終息する前提で計算しているのだろう。上場会社がまとめる経営報告での次期業績予想は、どこもかしこも「コロナの影響があるので、次期の予想はできない」と書いている。予想できるはずがないのに「来年はプラス」というNHKの感覚は、どうかしてる。
夜の10時近く、アメリカは、マイナス32.9%(実質国内総生産(GDP)速報値(季節調整済み)、年率換算で前期比)と発表された。
自粛要請の日本と、多くの州がロックダウンしたアメリカの違いが数字に出ているのか?。経済がシュリンクしても、いまのところ両国の人は死なずに生きていけている。コロナによる経済のダウンは、大騒ぎするべきではない。と、おいらは思う。

以上、きょうの出来事をかいつまんでみた。

1ヶ月の気象予想では、猛暑が続くらしい。感染が増えてから2週遅れて重症者数が増えるらしいから、お盆のころ、どうなっているか。おいらは、感染せずに生き延びているか? あなたは、自分の身に降りかかる事態を、どうするつもり?


Visits: 264


春過ぎて、夏来にけらし、白肺(しろはい)の、コロナ止むよう、アベのマスクで

もと歌;春すぎて夏来(き)にけらし白妙(しろたへ)の 衣(ころも)ほすてふ天(あま)の香具山(かぐやま)

正月早々コロナが始まって、いまはもう夏。
例年なら、 梅雨明けが宣言され、陽光輝く日々が到来するはずですが、全国で大雨が降り、洪水被害も多発するなか、新型コロナ感染者数が連日最多を更新、ついに1日1000人を越えました。それは、ういるすCOVIT-19が増殖している証拠。肺に取り付いたコロナウイルスはまるで、もくもくと湧き上がる夏の入道雲のように、あっというまに肺のすべてを白くしてしまいます。そうなったら、人工呼吸器でもエクモでも無力の崖っぷちに追いつめられます。それを救える魔法のアイテムは、美しい国に神風を吹かすアベのマスクだけ。。。。
そういえば、おいらへの10万円は、春すぎて夏7月も21日になってからでした。マスクは初夏の5月でしたか、、、。
大老さまに不謹慎な揶揄の一首。蜀山人から、才能なしと、お叱りを。

///////////////////////////

さて、テレビのまえに座り、情報番組を対象として取材を敢行する。

COVIT-19はどんどん変異していく。
ウイルスのRNA内の遺伝子に、日本でしか見られない型があるということらしい。だからといってそれが特有の症状を発症させるかどうかは別の話。
ここ20年、コロナウイルスは、人間に重大な病気をもたらす変異をしてきた。有害変異のサイクルがどんどん短くなってる。画面に示されている10年->5年->2年という時間短縮化を等比級数と考えると、今回のCOVIT-19の次の「新・新型コロナ」は、あと1年以内にでてくる。今のCOVIT-19だけでも世界中が手こずっているのに、まもなく次の新手のCOVIT-20(仮称)とかがくることになる。さあ、どうするのか??

 

きょうのCNNは、南米の状況を報告していた。

アルゼンチンは、1日死者数が最多。
ボリビアも、まだピークになりそうにない。
ボリビアは「パブリック・カラミティ」を宣言。と伝えるCNNのキャスター。「パブリック・カラミティ」ってなんだ?? カラミティ・ジェーンという有名なアメリカ映画があったが、いまの若者には、RPGのゲームらしい。ともあれ、calamity 【名】 災難、厄災、悲惨な出来事。ボリビアは、これを宣言するというのだから、「激甚災害指定」ということか。手厚く患者の面倒を見るというより、自然災害だから政府に責任はないよ、ということか。
ブラジルもこれこの通り、富士山のシルエットの左半分みたい。収束、終息、ほど遠し。ボルソナド大統領は、どこ吹く風の様子。安倍氏のほうがマシに見える。
南米大陸各国のコロナ死者数を、円の大きさであらわした、とか。
コロンビアは、感染者数が最多更新しているので、外出制限を延長する。

 

つぎは香港の話。

ああ、やはりそういう傾向ですか。
9月の選挙を、コロナを理由に1年延期すると、香港政府が発表
緊急事態宣言もいろいろな使い方ができるということだね。
この青年、数年前の雨傘運動のときからよく頑張ってる。

7月29日の日経朝刊。

こんな調子なのに、安倍氏がでてこないので、野党が文句を言ってるが、さて、安倍氏をひきずりだせるか?

そのとおり。
あずみさん、GOTOキャンペはせめどころじゃないよ。
夏休み返上して国会を開きたい議員はいないはず。あまり意味のある申し入れではないね。

国会よりも、地方自治体の「元気者」が、オレがやると言っている。福岡市の市長は、「県知事に営業制限の権限をわたすより、地元の実情を知ってる市町村に権限をよこせ。自分たちのほうがきめ細かく、店店にガイドライン指導ができる」と番組で力説。

権限が知事だけになってるのは不合理。
ここまできめ細かくできるのは、市だ!!
福岡市は、市の総生産の9割以上がサービス業。税収は100億円以上減るので、市民サービスに支障が出る。という事情あり。だから、責任を取る立場の俺にやらせろ。

 

アベノマスクも再び話題に。

役人が予算消化でした注文。マスクくるから、介護で使え。
Visits: 217


秋に向かって、コロナ禍の政治はどんな流れになっていくか。ウイズコロナのニューノーマルではなく、「コロナ殲滅」政策への転換を!。

二階幹事長を親中すぎると批判する百田氏を、橋元氏が「空想の中に住んでるオッサン。政治はズルかしこくやるべきものだ」とこき下ろした。百田氏もあれこれ橋元氏に反撃発言しているが、まあ、中身はどうでもよい。橋元氏の意図がどこにあるのかに、興味がある。擁護発言されれば、二階氏は橋元氏を「ういやつ」と思ったりするのか。そう思われることが目的で橋元氏は発言したのか?「ズルかしこくやる」べしという彼だから、この発言もズルかしこいアクションなのだろう。二階氏は旅行協会の会長で、国民とメディアから批判されているGOTOキャンペの黒幕だ。橋元氏は百田批判発言で、大阪維新はGOTOキャンペに関わる二階氏の責任に目をつぶるというサインを、送ったのだ。秋に予想される総選挙と選挙後の政局関係で力をみせるだろう二階幹事長と「良い関係」をつないでおくためにやったことだ。百田は発言の言葉尻を、ズル賢い橋元氏に、ただで利用されたのである。橋元氏にとっては「ごっつあん」でした。

橋元氏は、いつも誰かに怒っているフリをしている。いつも誰かに噛みついている。かみつき犬である。噛みつき犬の橋元が誰かを噛み付けば、観客の「Bネット人」が反応する。
Bネット人というのは、おいらの造語だが、定義するところは、
1)新聞をとっていない。
2)大卒でも、高校の教科書でいどの知識を忘れたか、あるいはもともと理解していなかった。日教組や堕落した教師による学校教育はうそだらけなので学び直す価値がないと、自分が勉強してこなかった言い訳している。
3)根が小心者で、一人ではなにもできない。少年青年マンガの突っ張った主人公のように粋がって口汚い言葉を使いたがるが、臆病なので、匿名のときや付和雷同のときだけに元気が出る。
4)内心に何かストレスや行き詰まりのプレッシャーをうけていて、その心の飢えを埋める話を常に求めている。人情的なこころ温かい話も好きで聞くとホロリとしがちだが、韓中から日本を非難するはなしが出るとあたかも自分が責め立てられているようにハラがたってきて、すぐ反応する。
5)周囲の人から愛されていないと感じているか、そもそも周囲に友や話せる人がいない。愛されたいが、不器用で孤立している。
これが「Bネット人」のプロファイルである。
日本には50万人から300万人の「Bネット人」がいる。大阪維新は、このBネット人をテコにして一般世論を動かす戦術をとってきた。Bネット人は、動かしやすい。ツボをつつけばすぐ単純な反応をするので、「いいね」をもらう誘導発言をやりやすい。読みやすいのだ。浮動票を欲しい自民党は、小泉時代から電通に頼んで「B層」に受ける方法を研究している。操りやすい層とも言える。
秋の選挙で大阪維新は単独政権を取れる大きさはないので、大きな政党の勢力間でのキャスチングボードを握ることを望んでいる。自分を一番高く売り込めるのは、自民公明の合計議席が300を切った場合である。そう都合よく行くかどうか。。。

コロナの状況によって世論は動くので、どの政党もコロナ政策を国民に示さねばならない。与党側は、世界に比べてうまくやれたと主張し、これからもまかせてくれと訴えるだろう。野党側は、政府の混乱とグズが国民を失望させたと責め、新しいコロナ政策と手厚い国民への補填を訴えるだろう。都知事選で山本氏は17兆円で都民を救うと提案したが、サイズの大きい国全体を救うならその10倍20倍を提案することになる。
たくさん出すぞというほうが、国民の支持を得やすい。野党側が何百兆円の投入を公約すれば、与党側はそんな財源はない現実を見よというだろうが、国民はもうケチクサイ話にはうんざりしているから、与党不利に展開することになるかもしれない。与党が消費税を半分にすると力説したくらいでは、コロナ禍の景気環境を生き延びる希望にはまったく足りないだろう。

国民は、秋に総選挙があるなら、政府をまるごと取替えたいというのがホンネだろう。何にとりかえるかが問題だが、上着を着替えて中身は同じの自民公明なら意味がない。新しく効果てきめんなコロナ政策を行なうことが、新政権の条件である。

いまの政府はコロナ対策での考え方で「ウイズコロナ」を前提にしているが、これは誰がいいだしたのか。コロナと共に暮らしましょう、なんて、いつ、そんな国民合意ができたのか? 国民は、「ウイズコロナ」に同意しているのか? おいらは、違うぞ。
そもそも「ウイズコロナ」という姿勢が間違っている。行なうべきは、小手先の対策ではなく、根幹から新しい政策だ。
コロナウイルスを敵と見据え、敵を殲滅する対コロナ政策をやるべきだ。
”ズル賢い現実主義者”の橋元氏に「空想の住人」と言われようとも、敗北主義の負け犬にはなれない。新型コロナCOVIT-19は、どうしても勝てなくて専門家が共存を言い訳にしてきたC型肝炎ウイルスではない。感染研の所長で、先の専門家会議の座長の脇田氏はC型肝炎ウイルスの専門家であるが、「ウイズコロナ」という姿勢は、彼の敗北主義に慣れきった怠惰な精神が生み出した自己弁解にすぎないのではないか。
なぜ、新型コロナに降参しているのか? 
COVIT-19は、殲滅すべき対象なのだ。体内に入れば必ず主家を裏切る逆賊と、なぜ、「ウイズコロナ」しなければならないのか。初戦で押し込まれたぐらいで、しっぽを巻くな。
政府の取るべき正しい政策は、敵を殲滅する意志の上に建てられるべきだ。
ワクチンのないいま現在でも、強力な作戦が可能だ。
敵を殲滅する作戦で行なうべきことは、簡単である。
「いまから6ヶ月、人と会うな。しゃべるな」
である。
「人と会わず、人としゃべらなければ、ウイルスは増殖の機会をうしなって絶滅する」という真実に基づいてこそ、作戦は正しいものになる。そうでなければ、何をやっても殲滅できない。
作戦の要諦は、とにかく「人と人を面談させない」である。
「つばとエアロゾルが相手に飛ばない仕掛けを利用できない限り、面談を許さない」という厳しい運用規定である。
それを人にやらせるのは、共同体を維持するためである。
尻から出る糞尿を道端に捨てるのが許されないように、ウイルスを口からあたり一面に吐き出すのも許されない。プラスチックごみを出すなと言う地球共同体維持のルールを環境悪化の21世紀になって取り組みはじめたが、21世紀の「80億人の人口」という過密稠密な人類共同体を維持するルールとして、「人は口からウイルスCOVIT-19を出すな」も必要となっているのである。人の口からウイルスが巻き散らかされないようにするためには、とにかく、いま存在しているCOVIT-19を完全絶滅させねばならない。「いまから6ヶ月、人と会うな。しゃべるな」をやれば、COVIT-19を完全絶滅できる。
これを共同体維持の絶対原則とする政策を行なう。
それを行なう指導者と政党が待ち望まれている。
秋の総選挙は、「ウイズコロナ」姿勢と「コロナ殲滅」姿勢の対決ということになるだろう。


Visits: 282


コロナ抑制の優等生だったオーストラリア、 1日死者数が過去最高を突破。抑制成功がぬか喜びになるのは、経済活動を緩和するから。

今日は4連休明け。
テレビやネットでの「経済か健康か」の議論は、どちらも譲らず、勝負はつきそうにない。結果的に、「感染防止と経済を両立」という政府の立場が残ることに。

////////////////ヘッドラインを列挙してみる。

・布マスク8千万枚、今後さらに配布。9業者に発注済み。不要論噴出か。

・岡山、真庭市の整形外科病院、医療機関初のコロナ倒産。

・香港、コロナ規制強化。レストランでの飲食を全面禁止。

・福岡市魏が感染。同一会派の議員20人と会食。

・宿泊業界の団体が推奨するGOTOトラベル対応の予約サイトがオープン。

・コロナ禍で急増するホームレスの行き先は?

・GOTO販売スタートで、東京除外に各地で悲鳴や苦悩。

・東京都、夜の街休業に50万円。3132億円の補正成立。

・小池知事「重症者を出さないことが一番大きな項目」。

・共産、小池氏「国民に説明できないなら、首相辞任を

・西村大臣「テレワークを7割を推進」。経済界に再要請。

・東京で、131人。

・千葉で新たに24人。

・熊本県内累積84人に。

・仙台で男女4人。宮城累積146人に。

・沖縄で18人。累積210人に。

・岡山で3人。市内累積46人に。

・兵庫あらたに12人。7日連続の10人以上。

・警部補、110番で現場に行って、感染者と濃厚接触。

・愛知、新規76人。1週間連続50人超。

・京都、京丹後市の米軍通信所で、兵庫観光した男性兵士感染。

・札幌新たに4人、再感染者陽性1人。うち3人がススキノ夜の街関連。

・知事会、緊急事態宣言は市町村単位で、と提言。

・静岡専門家会議、感染流行期のフェーズを引き上げ。

・コロナ後遺症、いつまでも続く倦怠感、頭痛、息切れ。

//////////////////

「感染防止と経済を両立」できるという感覚は、「損するのは嫌だ」という欲張りから来ている。
・感染するという大損を被るのはイヤだ、
・収入が急減するという大損を被るのはイヤだ、
ということ。
確かにどちらもイヤだ。どちらも起きてほしくない。
が、順番から言えば、ウイルス退治がさきだ。
仮に収入を復元できたところで、感染リスクが身近な現実であるなら、安心してくらせない。
逆に、ウイルス退治に成功できたなら、口角泡を飛ばして商売できる。
正しい順番を無視して行なえば、GOTOのように座礁するのだ。

両立を謳っていれば非難を浴びる量は少なくていいかもしれないが、結局は、二兎を追うものは一兎も得ず、に終わるだろう。
政府は、正しい順番に従うべきだ。
ウイルス退治するのが先である。
・人と人の接触をなくせ、
・ひとに近づくな、
・人と会うな、
・人としゃべるな、
これで、ウイルスが生き延びる道を断てる。
両立なんて聞こえはいいが、アブハチトラズなのだ。

Visits: 166


経済活動を止められないなら、しゃべるな、シュワれ、筆談せよ

昨日のブログで、「経済止めて、ウイルスを全滅させよう」と主張した。「ウイルス無視してガンガン活動しよう」というボルソナロ流の主張の、真逆の主張である。
北野武氏は、「経済だ、いや、自粛だと主張が割れていて、どうしていいかわかんなくなってしまう」とテレビでぼやいていた。目下の数字をどう捉えるかについても、政府は「逼迫してない」「でかけてよい」、東京都は「逼迫寸前であぶねえぞ」「出かけないでくれ」と、割れている。

さすがにテレビには、おいらのように「経済止めろ」と主張する人はみあたらない。が、コメントする医者も評論家も、「感染拡大を止めるには、接触を止める以外にない」とわかっている。他に方法があるのならそれをやればいいはずだが、これはと思える提案を耳にしたことがない。マスク・手洗い・仕切板・換気など以外には、手がないのだ。
おしゃべりの飛沫に乗ってこちらに飛んでくるウイルスを撃ち落とすイージスアショアを、人類は持っていないのだ。体内の防衛システムである免疫がこのウイルスを撃ち落とせるようになりたいものだが、現在の人体が装備している免疫のレーダーでは、このウイルスを見つけられない。ステルス攻撃ににやられっぱなし、みたいなものだ。この旧式を、敵ウイルスを発見できる新式に更新するワクチンを世界中で研究開発しているが、利用できるようになるまで、どれくらいの日月がかかるのか、全然わからない。うまく行っても1年2年はかかるらしい。それまで手をこまねいて待っているのではなく、できることをやる。その「できること」こそが、「6ヶ月ほど経済を止めて、ウイルスを潰す」という、おいらの昨日の提案なのである。

おしゃべりのツバが飛ぶのが感染拡大の元凶だ。
経済活動では、説得や会話や口頭伝達や質問&返答などをしなければならないから、おしゃべりのツバが飛ぶのは避けられない。
教育の場や社会活動の場でも、口頭での教授、相互の会話、面談、呼びかけ、注意警告などをしなければならないから、口からの飛沫が飛ぶ。
興奮を伴うスポーツやショービジネスでは、笑いや叫びで、勢いよく飛沫が飛ぶ。
経済活動・社会活動・教育活動は、口からツバを飛ばす活動なのだ。口から飛沫を飛ばす行為である限り、ウイルスが広がっていくのだから、やってはならないのだ。だから、おいらは、経済活動をやめろと提起している。
もし、どうしても経済活動をやらねばならないというのなら、妥協できる条件がないわけではない。

条件は、3つだ。

(1)6ヶ月間、誰とも「しゃべるな」(面壁8年のダルマ禅師は、無言の行で悟りを得たぞ)

(2)しゃべりたくても、かわりに、「手話(シュワ)れ!」

(3)「筆談せよ」(スマホにせりふを入力しておいて、スマホにしゃべらせるのもよい。通訳アプリみたいに)

しゃべるな、シュワれ、筆談せよ

ええええーー!! ストレスたまりそう、、。
6ヶ月経済止めるのと、どっちがいい??

Visits: 184



top