コロナ戦中日記

パンデミック下で、どう生き延びるか。

この画面は、簡易表示です

2021年9月23日

top

terra4、オブジェクトのinportの続き

前回に続き、3Dデータのインポート。
前回に引き続き、今回は、
・.3ds拡張子の3Dデータをダウンロードしてきて、
・Blenderにインポートして、
・.obj拡張子でエキスポートした。
この.objをterragen4のAdd Objectの「object」の「obj reader」で読み込んだところ、無事、シェーダープレビュー画面(っていうんだっけ?)に表示された。

でも、画像のmoonbusは「立っている」つまり、元の「横に寝ている」画像からは、90度回転していた。あれま?!

これはどうすべきか。

単純に、「Transform」の「Rotate」の「z(か?)」を「90」にしたら、おやおや、フラクタルマップから姿が消えた。「0」でもとに戻る。「30」にしたら、30度くらい回転した。
その回転の中心は、オブジェクトの中心座標ではなく、シェーダープレビュー画面の左下あたりのように見える。いや、30ではそう見えただけで、正確には回転の中心点は左下ではない。フーム。どこだろう? 点で回転しているのではなく、どれかの軸で回転してるのだろう、と推量しながら、「Rotate」の1個目(xか?)に適当な数字を入れると、時計回りにその角度分回転した。
2個目(yか?)に[-30]と入れると、画像は左に移動した。プラスの値を入れると、姿がなくなった。右にうごいてシェーダープレビュー画面の外にきえたようだ。なるほど、平行移動や回転というわけか。でも、2Dじゃなくて、3Dなのだから、それに慣れてない初心者としては、ゆっくり理解を進めていくことにする。
シェーダープレビュー画面とやらが小さいとかんじたので、大きくする方法を探る。そういうときは「右ボタン」。すると「open in new window」とあった。
それをクリックすると、でかい別ウインドウ「view window」が開いた。メインウインドウの「Rotate」で数値を変更すると、このでかい画面の中でオブジェクトが回転したり、移動した。

////

と、まあ、ここまで体当たりでやってるが、直感的にパカパカやれないので、ストレスがたまる。それは慣れてないからだと自分に言い聞かせているが、初心者にとって、学習コストが高いのはシンドイ。コストが高くても正解情報にたどり着けるチュートリアルやガイドがあればいいのだが、私はまだ、自分にあったチュートリアルやガイドに出会えていないのか、先達が書いたブログなどを見ても、わかるのは半分くらいだ。あきらかにこちらがアホだからだが、アホにもわかる教科書が欲しくなった。ないものねだりか。

Visits: 20


米:入国する全外国人に接種義務化。

オーバー1000クラブの新規感染者数
全国3245、+

東京537、++
さいたま192、+

千葉140、+
神奈川173、ー

愛知270、+
大阪591、++
兵庫267、+++
福岡96、+

(上記は、今回の波がはじまってから、感染者が1000人を越えた県です)
(+:作日の2倍までの増え方、++:作日の2倍までの増え方)。

(無自覚無症状感染者がいるため、感染者実数は上記の3~5倍)

・東京が400人を下回ったのは7月4日以来。

////////////////////

・ワクチン拒否のブラジル大統領、ニューヨークで路上ハンバーガーのディナー。ワクチン接種証明なしでのレストラン入店断られ。

/////////////////////

Visits: 26



top