コロナ戦中日記

パンデミック下で、どう生き延びるか。

この画面は、簡易表示です

2021 / 11月

オミクロン、正体わからない今、マスコミこぞって大報道。


オーバー1000クラブの新規感染者数
全国82

最大数の自治体:神奈川14。


50人をこえた都道府県はありませんでした。

・50人以上の都道府県だけ記載します。

・1月中旬から再拡大のおそれ。

/////////////////////

・全国で100をきったいま、thisブログも2~3日に1回の記述で十分か。1年7ヶ月毎日やってきたので、リフレッシュが必要だ。世界はオミクロン株で、情報の中身のない「怖いぞ怖いかも」の合唱中。ウイルスのデータが揃って性格がわかるまで2週間位待たねばならない。それまでに流れる話は、ききおけばいいだけ。マスクと社会距離を心がければ、あわてて自己防衛見直しをやる必要もないだろう。

Visits: 24


世界中でオミクロン株の警戒熱が高まっている。様子をみていこう。


オーバー1000クラブの新規感染者数
全国127

最大数の自治体:大阪19。


50人をこえた都道府県はありませんでした。

・50人以上の都道府県だけ記載します。

・1月中旬から再拡大のおそれ。

/////////////////////

・南アの新型のニュースに多くのメディアが注目して報道している。他のコロナ関連ニュースが枯れているためでもあるが、ワクチンの効き目を大きく落とすという危険性がニュース勝ちになっているようだ。こわいニュースが犂なのだ。流す方も読む方も。アフリカなど6カ国からの水際対策を強化したり、政府もやってる。WHO自体も国際会議を先延ばしにしたり、臨戦状態だ。様子を見よう。

・新株の名が「オミクロン株」だそうだ。最初に耳にしたとき、会長の尾身氏を揶揄した命名か?と笑ってしまった。

Visits: 71


南アで新しい変異株出現。B.1.1.529。ボツワナや香港でも検出された。南アでは、11月1日に100人だったが、24日には1200人に。この新株が原因と見られている。


オーバー1000クラブの新規感染者数
全国119

最大数の自治体:東京27。


50人をこえた都道府県はありませんでした。

・50人以上の都道府県だけ記載します。

・1月中旬から再拡大のおそれ。

/////////////////////

・欧州、アメリカ、韓国は感染再拡大で、過去最多を更新するいきおい。中国は、神経質なまでの都市隔離、居窮地隔離。日本はのんきに過去最低を行進中。毎日書く必要もないなら、間引きして書くつもり。

Visits: 78


「収束の可能性が見えた。が、まだ収束ではない」と、テレ朝の玉川氏。仏首相、娘から感染。検査の朝にベルギー首相と会談。首相から首相へという感染経路もあるか。


オーバー1000クラブの新規感染者数
全国113

最大数の自治体:東京17。


50人をこえた都道府県はありませんでした。

・50人以上の都道府県だけ記載します。

・北海道に感染拡大のおそれ。

/////////////////////

・日本は落ち着いているが、世界は感染拡大している。ドイツ7万人、ロシア3.5万、アメリカ9万人。重症者数も増えている。ただ、以前の波のときのようには死者数が増えていない。

・AZのワクチンの効果がファイザー製に比べ10分の一で、つまりは1ヶ月しか効き目がもたないようなデータが韓国で出て、韓国政府は深刻に受け止めている。日本はAZを台湾に無料で渡した。効かないことを予期するデータが最初からあったわけではない。そうなら、そもそも買わなかったはず。なんにせよ、メーカーによって明らかに性能が違うことが明らかになったのだから、今後は最良を選べ。

・このところの円安(1ドル110円が114円になり、もっと行きそう)は、日本政府がワクチン代をドルで払うため、日本円を大量にドルに両替しているせいという説がある。無料のはずのワクチンも、結局、いろんな形で国民全体でツケを払いということだ。

Visits: 40


ドイツ、6万人越え、規制強化へ。ロシア、地方都市で医療資源ひっ迫。


オーバー1000クラブの新規感染者数
全国143

最大数の自治体:北海道25。


50人をこえた都道府県はありませんでした。

・50人以上の都道府県だけ記載します。

・北海道に感染拡大のおそれ。

/////////////////////

・韓国、ウイズコロナが瀬戸際。緩和で感染増大。

・ウイーン、ワクチン義務化反対デモ。

・オランダ、コロナ再拡大で規制強化。それに抗議するデモ。

・中国、ゼロコロナを方針として厳格な行動制限をやっている。政府は成功を誇示するが、生活を大きく規制する対策に対し、市民は疲れ気味。結局、中国も出口戦略ができてないということか。

Visits: 38



top