オミクロンはどこまでいくか?WHOは欧州の5割がかかると予想。ふむ、欧州は、はからずも、「皆でかかって、集団免疫をつくる」シナリオになりつつある。

新規感染者数1月12日分
全国13244

・首都圏(東京2198神奈川548埼玉547千葉465)。
・50人を下回った県は、岩手4,秋田23,宮城45,山形42,福島32,富山11,石川18,山梨45,福井44,鳥取28,島根34,香川43,徳島11,高知12,大分35,宮崎37。でした。

////////////////////////

・オミクロン株では、ブレークスルー感染が66%。と、前回報告した。オミクロン感染者の死者が、大阪、静岡ででている。

・知事会は「ワクチン分配のスケジュールと量を教えろ」と叫び、政府も「近いうちに」というが、まだ3回目摂取は100万に届いていない。昨年のワクチン分配のとき、医療関係者だけでも500万人近い数だった。まずは医療カンケウ者からということになるから、それに続く高齢者や最後の一般人が3回目をうてるのは数ヶ月先だろう。いますでに爆発的に拡大している今回の感染防止に「ワクチンこそ決め手」という話は、タイミングの合わないおとぼけ話だ。政府はアメリカの製薬会社にかけあっているのだろうか。世界から「くれくれ」とせっつかれる米製薬会社が日本を優先してくれまい。15年前国産ワクチンの開発を放棄した厚労省の失敗をおおいに咎めたい。

・感染のために医療関係者が働けなくなって不足してきたため、苦肉の策で、「濃厚接触の医師看護師は、感染者の治療労働をしてよい」ということになった。「しょうがない」が法規則を超える。

///////////////////////////

Visits: 71



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA