新規感染者、東京206人。全国603人。世界で3700万人の感染。106万人が死亡。

・きょうの新規感染者、東京206人。全国603人。

・CNNによると、アメリカでは、きのうの新規感染者数は、6万人弱。23州で拡大。減っているのは4州だけ。

・インドの新規感染者数、7万人以上。

・ジョンホプキンス:世界で3700万人の感染。106万人が死亡。

・マドリッドでは:15日間の非常事態措置。

・イギリスでは、240人に1人の感染。ウエールズ州は、パブ閉鎖を検討中。

・ポーランドは、1日で4739人の感染。

・ロシアでは、過去24時間で12126人の新規感染者。記録的な急上昇ながら、第2波とは呼んでいない。

・バルカン諸国も急増。新規感染者:クロアチア542人、ボスニア453人、スロベニア387人、北マケドニア364人。

・ブラジルのボルソナド大統領は、国民6700万人以上に毎月の緊急支払い(最初は107ドル、いまは半額)を行なってきており、パンデミックの経済的打撃を緩和するのに成功。12月にこの措置が終わると、1500万人が貧困に陥る。

・NBCによると、「ヒドロキシクロロキンは新型コロナを治療しない。抗体治療も治療とは言えない」

・イタリアは、感染拡大におうじて、マスクを義務付ける。違反者には罰金最高1000ユーロ。

///////////////////2020はストレスの年//////////////////

オイラがきょう一番興味深かったのは、NBCの「今回の大統領選挙は、大きなストレスになっている」という論評だった。

主たる原因は、「人々のイデオロギーとアイデンティティが政党に強く結びつくようになったために、政治にからむ論戦を(テレビや新聞やネットで)耳にするたびに、それを自分に向けられた敵意ある個人的攻撃のように感じる」ようになったため、という。
自分の支持賛同する党が劣勢に立ったり勝ち目を失いつつある時、より大きな個人的脅威を感じ、ストレスになる。大統領選挙のように長期間にわたって選挙戦が続くと、常にストレッサーが存在した状態になり、ストレスから開放されることがない。選挙はどちらが勝つか負けるかわからないので、不安、心配、欲求不満、衝動的行動につながる。
投票所での投票と即日開票よりも、時間がかかる郵送投票は、待ち時間の長さと結果の信頼度不確実性のためにストレスが大きくなるとも言える。何が起こっているのかわからないとか、制御不能になってるとか感じるほど、ストレスは大きくなる。不安のレベルが高いほど、不安はその人の認知機能に干渉する。まともにまっすぐ考えることが難しくなる。

2020年のアメリカでは、大統領選挙だけでなく、コロナのパンデミック、重大な異常気象、人種差別と不公平の高まり、大きく長引いた山火事などで、ストレスが大きく高まっている。

//////////////////////////////

Visits: 156



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA