(きょうのびっくり記事)コロナにかかった人の脳は最高で10歳も老化し、思考力が目に見えて減退する可能性がある。

きょうのかしこいコロナ生活記事

(ここは、先々の生活や判断に役立ちそうな今日の記事ヘッドラインをまとめています)

・コロナでできた免疫が「急速に減退」。高齢者で顕著。イギリスの調査。数ヶ月しか持たないことも。集団免疫は困難。

・新型コロナ患者の80%以上がビタミンD欠乏。ビタミンDは、インフル対策でも、老化防止やガン対策でも必要と言われる。

・ブルームバーグが心配なことを書いている:アメリカはワクチン開発と治療薬探しに大金を投じる一方、社会的距離の確やマスク着用や全国的検査体制の整備を重視していないため、コロナによる苦境が2023年まで続く。と予想。
(おいらのコメント)アメリカが、コロナ対策できる地域とできない地域にまだらになるとすれば、アメリカからの飛行機が来る羽田・成田・関空は、多人数のコロナ感染者で検疫体制が崩壊するかも。

・アメリカのノバックス社:開発中のワクチンの後期治験の開始を延期。先がみえない。

■きょうも、コロナに勝つためのヒント記事が枯渇している。

きょうのコロナ動向

(ここは、今日のヘッドラインで、コロナ動向の把握に役立ちそうなものをまとめています)

・きょうの新規感染者数、東京171人。全国723人。海外到着人。

・豊中の病院で24人のクラスター、北海道ススキノで集団感染、。

・中国では、クラスターが発生したら、百万人単位でPCR検査をする体制になっている。

・WHO:コロナ新規感染が1週間で280万人。指数関数的な増加曲線に突入か・

・スペイン、ついに2度目の非常事態宣言。死者1日500人のフランスも再び外出制限。

・JR東日本、赤字2643億円。コロナで乗客戻らず。

おっと、こんな話題が

(ここは、コロナ関連で飛び出してきたサプライズ記事)

・コロナ第3波で、店内飲食が制限されている米国シカゴ:対策のアイデアをぼしゅうしたところ、野外に設けた席に日本のこたつをおく案が採用。近々、一分のレストランで数週間テストされることになった。提案者は、日本に住んだ経験がある。提案は、日本のこたつそのものを使うのではなく、1人ずつモジュール化して、多人数の場合はどんどんつないで対応するというもの。

Visits: 89



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA