GOTOギャンブルは、掛け金減らしてやることになった。

GOTOキャンペーンが感染拡大を促進すると目を吊り上げて反対する人と、これの恩恵で商売を期待する人との攻防が激しくなっている。

西村大臣は、夕方の「分科会」の結論を「専門家のお墨付き」にするつもり。「政治が結果責任を負う」と言ってるそうだが、命がうしなわれる案件なのだから、辞任だけで責任が果たせるとナメテいるなら、許せない。

業界寄りのコメンテーターは、「旅行業界は、100%の休業補償を得たので、社員を解雇せずにここまできたが、23日には休業補償の仕組みが期限切れになるので、そうなると、大量解雇が始まる。そのため、22日にGOTOキャンペをはじめて業界の売り上げを促進する必要がある。GOTOきゃんぺができないのなら、休業補償をやめずに延長してもらいたい」と言っていた。

きょうは、東京で286人の新感染者が出た。ニューレコードである。4週後には1000人をこえるとテレビで言うようになった。おいらは、先週から言ってる。感染者数の増加を厳しくきつい言葉で書くと、他の書き手とほぼ同じトーンになってしまう。それはブログとしてもつまらないと思って、ここ数日、感染者の増加と警告を書くのを手控えていた。

夕がた頃スマホのヘッドラインを見てると、感染者の報告が上がってくる。
東京286、
兵庫で16、
宮城で113、
岐阜の高校で生徒200、
沖縄タクシー運転手アメリカ兵と接触で感染、
青森の男性警察官感染
丸岡いずみさん、夫有村さんに続いて入院・・

///////////////////////////////

夕方の分科会の直前に、GOTOきゃんぺから東京発着旅行をはずす政府案が発表された。東京へ行く旅行、東京から出る旅行は、GOTOキャンペのメリットがないということになった。東京から感染者が地方に出ていくことを促さないということである。「ぎりぎりの解だ」と述べた分科会の委員もいる。

東京外しのGOTOキャンペーンは、東京人に不公平感を残さないかという懸念はあるものの、都民の多くは、勝手にしやがれの気分で受け入れるだろう。東京以外の府県だけだとしても、GOTOキャンペを行なうことで、ウイルス感染者の移動は当然うながされていく。感染者はちらばり、地方は地獄になるかもしれない。期待している売り上げが達成できるのか、どういうそろばんが弾けるのか知らないが、微々たる売り上げに終わるなら、侵すリスクが大きすぎはしないか。

神社へ行って祈っておこう。人々がウイルスに囚われませんように。。。

Visits: 342



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA