緊急事態宣言の回避に全力をつくす。特措法を改正するはなしは、コロナ終息後に検討する・・・安倍首相はこの姿勢。東京都医師会長尾崎氏の決死の要請を否定したも同然。

緊急事態宣言の回避に全力をつくす。特措法を改正するはなしは、コロナ終息後に検討する・・・原爆慰霊祭・長崎でのでの記者会見

特措法改正は、何年先になるかもしれないコロナ終息後に検討をするそうだ。

これは何を意味しているのか。

法律はいまのままで行くということだ。
施政としては、緊急事態宣言も出さない、ということだ。

何をするのだろう?

金は確かに使っているようだ。

一人10万円を出した。(総額13兆円?)

GOTOキャンペは、予算の1兆3000億円すべてを使い切ったところで終わりにすることになっている。

持続化資金をあと1兆円増額して、大きく売上が落ちた事業者に金を支給する。

都道府県が感染者隔離のための病院を確保するための金は、国が持つことになっている。(全国でもたいした金額にならない。)

だが、どれも感染したあとの話ばかりで、そもそも感染を抑える具体策がない。
各人は感染しない自衛をしてください、事業者はあんたの場所で感染が起きないようにしてください、と言うだけだ。
世田谷区のように「PCR検査をいつでもどこでも何回でもできるようにします」とは、言わない。PCR検査を増やす要望に応えない。保健所にトレーサーを増やえていない。

////////////////

政府のやっていることが歯がゆくて、国民は、イライラしている。感染者が増えるたびに、担当の当局者は何をしてるのかと、腹立たしくなり、テレビ新聞ネットに、キツイ罵倒からやんわりとした苦情まで、あらゆるタイプの不平不満があふれる。
もちろん、メディアと無縁の多くの人の声は聞き取れないが、子供といっしょに外出するのも、友人と顔をあわせて交友を楽しむのも、窮屈な生活を強いられる現状のフラストレーションやストレスを解消するためだ。
そういえば、家庭内暴力や自粛離婚の話がきこえなくなったが、問題はなくなったのだろうか。

GOTOトラベル:賛成25%、反対65%。
お盆の帰省:賛成24%、反対70%。

Visits: 178



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA