嵐の前?きょうもコロナ戦線異常なし。に見えるけど、、、、。

今日のコロナ3大ニュース

ニュース1:新規感染者数、東京156人。全国570人。
(コメント)全国500人以下にならない。東京も、あいかわらずの数値だ。

ニュース2:厚生省が、発熱者患者は直接、地域の医療機関に相談可。
(こめんと)いままでは、保健所に相談するしかなかった。インフルが増えることがみこまれるので、それが保健所に押し寄せたら保健所がパンクするのを避けるための措置。一般患者へのサービスを充実させたわけではない。一般医療機関にコロナかインフルかふりわけさせることになる。可能なのか? 一般医療機関がコロナ感染源になってしまう心配はないのか? 

ニュース3:ランセットが、ロシアのワクチンが有効。T細胞も、抗体も増えると確認。
(コメント)ランセットの査読を経ているなら信用できる。nが76だったことがやや懸念。少なすぎる。とはいえ、ロシアmadeだからすべてダメという冷戦発想、英米の製薬会社への無条件肩入れは、よくない。ロシアのこのワクチンの成績が9月~11月に出てくる英米のワクチンの成績よりよいなら、そちらを採用すべきだ。

///////////////////////

ネットで配信されるコロナ分野の記事が激減してる。読むほうも、書く方も飽きているようだ。

次の首相になるひとのコロナに関する公約は、めざましいものがない。
前にも書いたが、切り札なし、打つ手なし、だ。
日本でワクチンをうてるようになるのは、「早くて2021年夏以降」という記事があった。
トランプは選挙の都合からFDAに「10月22日までにワクチンを決定せよ」と圧力をかけている。ワクチン開発の成果は、支持票あつめの大勲章になるという判断なのだろう。
トランプに比べると、首相候補者3人は、ワクチン開発にポカンとしてる印象だ。
菅氏が就任しても、コロナ対策に拍車はかからないだろう。
台風がいずれ過ぎるように、コロナもいずれ過ぎるので、祈って待っていよう、という無気力ながらの諦観に、結局、日本人のメンタリティは落ち着いてしまうのだろうか。

Visits: 199



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA