「重症者のための病床確保の必要から、軽症と中等症は自宅療養を原則に。往診で診るので、往診報酬を増額。悪化したらすぐ入院できる体制を整備する」と、いつも無責任な5大臣会議の決定。批判が沸騰するだろう。

オーバーハンドレッドクラブ

新規感染者数
全国8393、ー
北海道217、ー

宮城31、ー
栃木75、+
群馬40、ー
茨城172、ー

東京2195、ー
さいたま762、ー
千葉787、+
神奈川1686、+

静岡72、ー
愛知147、ー
岐阜18、ー
石川56、ー
大阪448、ー
兵庫165、ー

京都120、ー
奈良35、ー

岡山50、ー
広島46、ー
福岡358、ー
熊本49、ー

沖縄209、ー
(上記は、今回の波がはじまってから、感染者が100人を越えた県です)

・月曜なので、全都道府県の検査数は大きく減っているのだが、首都圏ではプラスになったたところが3つ。
・ニュースや記事では「人々が慣れてしまって行動変容が起きない」と言うばかり。政府も手詰まりで、ついに記者発表で、「中等症と軽症は自宅療養を原則」と、方針を変えた。感染しても医者にかかるなと言っているのである。「これはひどい」と非難するメディアが輩出。明日から、世論は炎上するだろう。

・首相が「人流減った。重症者も少ない。死者も少ない」と言って、現在の感染者数急増を無視しようとしている。尾身氏はじめとする専門家の見解と真逆の首相。いったいどこの誰が首相にデータを耳打ちしているのか。和泉や大坪をさっさとやめさせなかったため、首相の政策も見解もどんどん狂っている。いまさら彼らをクビにしても首相は正気にもどらないだろう。自公はいかれた首相で総選挙に突入するつもりか。国民は惨敗させるだろう。

////////////////

Visits: 60



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA