明日からGOTOは東京解禁。いっぽうで感染拡大を懸念する心理も強く、吉凶不明の賭けをやってるんだね、いまは。

きょうの新規感染者数、東京194人。全国582人。

・インドの感染者数は、公式発表の10倍。6300万人か。

・「無症状や軽症でも入院させよ」知事会が西村大臣に要請。
(おいらの予想)西村大臣は厚生労働省の見解との股裂きになって、またしても「現場の判断を尊重する。知事が必要と思うなら、あんたの県ではそうしなさい」とかの曖昧見解でお茶を濁すだろう。

・ニューヨークでコロナ陽性率が再上昇。
(おいらの観点)東京より秋が早いニューヨーク。気温が低いとやはり感染が拡大しやすいのか。東京も気温が下がると感染がふえるか。先に寒くなる北海道東北はどうなりつつあるか?

・グラクソ・スミスクラインのウォルムスリーCEOは、「2021年にワクチンを広く利用できる」と楽観論。ノバルティスのナラシムハンCEOは、「21年年末までに有効性の高い安全なワクチンが供給されることはない」とコメント。
(おいらの困惑)世界トップの製薬会社の見解がこれほどことなるとは!。政府は、来年前半までにワクチンを確保するために今年の予備費6700億円をあてる。国民には無料で接種。しかし、現在製薬会社が開発中のワクチンでは、できた免疫があっというまに消える可能性が高いらしい。イーロン・マスク氏はじめ、ワクチンが実用化されても接種しないという人も多い。まったく困惑するね。

・台湾は、来年4月から国産ワクチンを発売する。
(おいらのコメント)欧米、ロシア、中国のワクチン開発のニュースがおおいので、台湾は思いがけなかった。ちょっと期待してみよう。が、コロナ患者が居ない国だから、どうやって第3フェイズの臨床をやるのかしら。中国を気にする他国の協力は得られない。

・順天堂練馬病院でクラスター。医師患者ら40人。
(おいらのコメント)ここ何日かのあいだにポツポツと病院や介護施設の感染が聞こえるようになった。たいてい診療を中止するから、その近隣の医療体制に負担がかかる。ポロポロと歯が抜けるように事態が進んでいくうちに、気づくとあっちもこっちも休診してるなどということになれば、医療体制は崩壊だ。医師会や病院会はそれを恐れているが、厚生労働省は、先手をうって先走りの失敗を犯すより、後手後手で不作為を咎められるほうがまだましと判断する組織なので、結局、医療体制の崩壊を防ごうとしないだろう。いよいよ、個人は、接触ロックアウトに入る時期になってきた。

Visits: 168



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA