サイタ、サイタ、過去最多。あと40日で新年。それまでにコロナがおさまると考える人、ゼロ%。今年はオリンピックをやらなくて、幸いでした。来年は?

新規感染者数、全国2168人。
東京391人。
大阪490人。
死者は累計2000越え。
「連休の人出、嵐山で4倍、箱根で2倍(2月比)」と朝日新聞にあったが、よくわかなない書き方だ。

西村大臣「政府は、GOTOトラベルの対象からどこをはずすかの判断をしない。地元で知事がわかってるはずだから、知事がやれ」

小池都知事は「国が判断せよ」。

スロバキアは「全国民360万人、一斉検査(抗原検査)」。結果は陽性率1.06%。 第2回、第3回とやっていく計画。「自分の町、アパートごとの感染の度合いが数字でわかって、疑心暗鬼が消えた」。市民の心理をおちつかせる効果が顕著なので、イギリスのリバプール、スイスの南チロルでも計画が持ち上がっている。

毎日のコロナ重症端数がNHKなどで発表されるが、「ひとり減って」という場合の「減った」のは、回復したのか、死んだのか、どちらだろう。死者数の増加と見比べてみても、どうもよくわからない。

3連休の中日が済んだ。新幹線は満席。旅館はキャンセルが出てもすぐ埋まる。連休明けから政府がGOTOの新規一時停止を検討する模様。いまの第3波は大したことなくすぐ終わるという願望型のコメントもあれば、ひどいことになるという悲観型もある。総じて、悪くなっても日本はそれほどじゃないはず、という気分が底を流れている。コロナでも「ゆでガエル」か?

Visits: 204



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA