東京都知事は警戒レベルを1つ下げてGOTOキャンペへまっしぐら。宮城県知事は宮城アラートをひとつあげて仙台市長らと緊急声明。英中断させていたワクチン開発を再開許可。フランス感染者1日1万人越え。

きょう一番気になったニュースは、京都新聞の下記の記事だ。

//////////////////引用////京都新聞/https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/357129

クラスター発生校名、なぜ非公表? 公立と私立で分かれる対応、京都府「意向尊重」

 京都市内の私立高校で部活を契機にした新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、京都新聞社の双方向型報道「読者に応える」に「どうして校名が公表されないのか」との投稿が寄せられた。これまでに市立学校では校名が発表されているケースもある。疫学調査を担っている市などに取材した。

 感染症法では、国や都道府県、政令指定都市は情報を積極的に公表しなければならないとする一方、個人情報の保護に留意すべきとも明記されている。京都府や京都市による毎日の感染状況の発表でも、個人の特定につながる情報は公表されない。
 施設名が公表される場合はあるが、いずれも施設側の自主判断や同意が基本となっている。これまで市内のクラスターでは京都産業大や市立病院(中京区)が会見を開いて明らかにしたほか、企業や福祉施設などがホームページで発表することも多い。

 学校のケースはどうか。京都市立の小中学校などで児童生徒、教職員に感染者が出た場合、学校名が公表されることもある。公立学校の場合、公表するかどうかを決めるのは設置者の行政側で、市教育委員会は「地域住民の出入りがあるため、周知の必要がある場合は公表している」(総務課)という。京都府内でも「原則、学校名は公表してない」とする教委もあり、対応が分かれる。

 一方、私立学校では、学校側の判断や同意が重視される。クラスターが起きた今回の私立高校について、私立学校を所管する府文教課は「学校名を公表することで、生徒や学校への誹謗(ひぼう)中傷などの人権侵害が起きる可能性があると、学校側から報告を受けている」とする。また、市によると、現時点では生徒らの感染経路を把握できており、公表を強く求める必要性はないという。

 私立高の感染を巡っては、サッカー部でクラスターが発生した松江市の高校名が8月に公表されると、会員制交流サイト(SNS)上などで誹謗(ひぼう)中傷が相次いだ。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は「差別とプライバシー侵害に当たる恐れがある」として問題視している。

///////////////////////////////引用おわり。

おいらが気にしているのは、公表しない組織が多いと、一般人は「知らしむべからず」という状態に置かれるということだ。公表することが当該の組織にとって不利益であろうと、組織員や会員を誹謗から守りたくとも、公表すべきだ。個人情報の保護に留意すべきと感染症法に明記されているが、その文の趣旨は「積極的に公表しなければならない」義務を明記している。法的にも公表しなければならないのだ。

京都のこの私立学校は、生徒たちが風評被害に立ち向かう教育的機会を放棄したとも言える。逃げている大人を見せて、何の教育か。事実に対処する態度をみせるのが正しい教育と思うが、どうか。

千葉県ではきのう、公立学校でクラスターが発生。県立柏中央高校の男子生徒4人と発表されている。同じ柏市で、遺族の意向で病院名も非公表としていた件を「社会的意味の重みの認識がかけていた」と市保健所長が謝罪して発表している。

伊勢丹は感染者がでるたびに公表している。高島屋もそうだ。他はどうか。デパートのことではなく、普通の会社のことだ。普通の会社でも、事業活動で感染があれば、公表すべきだ。ホームページ上でならどんな会社でもできるはず。黙ってかくすのがよくない。

////////////////朝日新聞の言論メディア「論座」で、次の記事が出た。要約する。

「コロナ禍は人災」だとすると誰が犯人か?

川口浩 東京脳神経センター整形外科・脊椎外科部長

今後のコロナ政策の判断基準として必須なのは「感染による致死率」「ウイルス(SARS-CoV-2)の病原性(毒性)」という科学的エビデンスである。しかし今までの政府系の専門家の分析・発表・見解は、かなりおかしい。たとえば、
・理解に苦しむ感染研の疫学データ分析
・第2波の致死率「70歳以上は25.9%」の異常
・根拠も示さず撤回する無責任
結論は、
元凶は「夜の街」でも「意識の低い若者」でもなく、一貫性のない情報で社会を混乱させ、国民や医療現場に過剰な負担を根拠なく漫然と強要してきた政府、厚労省、そして何よりもそれを支持してきた「専門家」によるものではないか。

////////////////////////

コロナ対策の戦犯は誰か?国民審査をするサイトはここ。

Visits: 209



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA