延長した2週間の感染対策について、小池氏と尾身氏が意見交換したが、決定打はなさそう。

新規感染者数
全国1065人
東京237人

//////////////////

・日経が5日連載していたコロナ問題の指摘の最後の結論は、コロナを担当した『結核感染課』体制の解体と、厚生省から切り離した感染事態の新組織の提案だった。経産省から原子力規制を切り離している。利権省庁ではないとはいえ、昔からの経緯や貸し借りを抱える厚生省の都合がコロナ感染対策と利益相反を起こしているかもしれない。厚労省の高級役人は全員クビにすべきだ。しがらみを立つには荒療治しかなかろう。しかし、頭の古い専門家の言うことを聞いてバランスをとろうとする保守系自民党には、できそうにない。秋の総選挙の争点にもならないだろう。コロナの1年でわかったことは、日本の役所のすべての体制でITが立ち遅れて未だFAX時代にまどろんでおり、ワクチン開発では開発競争にも参加できないありさまだ。国家公務員38万人と地方公務員280万人を抱えながら、何をやっているのか。

・ブラジルで1日2000人の使者。変異株が猛威を奮っている。

・浜松医療センターは「クラスターが別の病棟に広がり、すべての病院機能(入院患者のケア以外)を一旦停止する」と発表した。

・田村大臣は「いずれ日本も変異ウイルスになる」と警鐘を鳴らした。

・韓国首相は「第4波を防ぐため、コロナの1日検査件数を50万件まで高める」と発表した。

////////////////////

Visits: 91



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA