医師会長:宣言解除を前倒しで実施するのは誤ったメーセージだ。

新規感染者数
全国1076人。
東京340人。

/////////////////////////////

・エアアジア・ジャパンがコロナで倒産した。バンコック東京便に何度か乗ったことがある。温かい国でリラックスして過ごせなくなる時代がくるなどとは思ったことがなかった。コロナが終息したあとも、以前と同じというわけには行かないだろう。あの時代はもうもどらない、と思うと、青春が過ぎ去ったのと同じ感興がある。

・インドの感染者の急減とは、9月には1日9万人だったものが2月には1日1万人になったこと。日本の基準とはあまりに違いすぎて、1日1万人のレベルで人々の日常生活がもとにもどっているのにたじろぐ。しかし、人口が13倍だから、インドで1日1万人というのは、日本で1日1000人以下のこと。日本も同じレベルで緊急事態宣言の解除をやろうとしているといえる。

・感染者数の減少は、保健所が濃厚接触者の追跡をやらなくなったからだ、という説が根強い。

・おいらの想定では、新たに発症する率が10%だとすれば、100人の要入院者が見つかったなら1000人の無症状感染者がいるということになる。その1000人が新たに1000人にうつすことで、新たに100人の要入院者がでてくる。ということでいけば、100人の要入院者が見つかると、いつまでたっても、減らないことになる。

・ワクチンが今にも来るようなイメージで4月中旬からの接種スケジュールが語られている。河野大臣の発信力とやらは、国民に期待をもたせる効果を生んでいるようだ。しかし、間が空きすぎている。3月はまるまるあるし、感染の状況がどうなるか、予測がつかない。ワクチン接種が短期間にできないことが河野大臣のコメントで国民も理解し始めている。

・優先接種する医療関係者の数を、当初は370万人といっていたのが、いつのまにか、100万人ふえた。これは、なぜか?? 数えられていなかっったのは、いったい誰のことか? 歯科系?介護系?
どちらにせよ、数えられていなかった人々は、厚労省は医療関係者とみなしていなかったことになる。厚労省の意識が問われるところだ。

/////////////////////////

Visits: 141



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA