まん延防止でできる命令は、「マスクせよ・時短せよ」だ。あわせて、見回りして違反者をあぶりだすこともやる。効果が出るか?空振りか?

新規感染者数
全国2774人。
東京446人
さいたま149。
千葉90人。
神奈川129人
宮城136人
大阪666。
兵庫206人

愛知118人。
沖縄117人

///////////////////

昨日より微増。全国の感染は、20日連続して前週越えになっている。いろいろな報道があるが、まん延防止をどうするか、ほとんどの人が戸惑っているとのこと。

・大阪の感染者激増について珍説が出ている。「従来型のウイルスの感染を抑え込むのに成功したので、その隙をついて、変異型が感染を急拡大させた」というもの。感染研の脇田氏の説だ。かれは、今年新年前の数字の倍増について「いままで検査しなかった人が大量に検査したので、増えた。感染症の常識では、1.2倍とかにはなるが、2倍になることはない」と言った。それはそうかもしれないが、うがった面白うんちく以上の話ではない。感染研の所長なら、感染を抑える提言をすべきだ。

・新幹線で車掌にマスクをするよう注意された52歳の男が、トイレや喫煙スペースに居座り「お客さんを人質にとって暴れてもいいんだぞ」と怒鳴るなどして、威力業務妨害で逮捕された。マスクするしないから始まって、追い詰められた男が切れて、挙句の果てに逮捕である。威力業務妨害という罪は、なんにでも適用できる法執行当局に好都合な罪状である。マスクしなかったという根本理由をめぐるものではない。怒鳴ったり居座ったことに対する執行だ。だが、そうした行為の元は、マスクするしないにあるのだ。暴れる君が暴れる事態を鎮めただけ。

・4月に入ってのワクチン接種が進むのかと期待したが、ほんとうに進んでいるのかしら。あちこちで模擬訓練や予行演習をやってるニュースは伝えられるが、きょうは何万人が接種を済ませましたというニュースが見当たらない。

・厚労省の老健局の宴会役人どもは、まだ、懲戒免職にならないのか?感染爆発の大阪でも市役所の役人が会食事件を起こしている。

・小池知事が「大阪株」と表現したことを、差別につながると怒っている人たちがいる。気に入らない政治家がこちに出した言葉にいちゃもんをつけているだけだろう。なんでもかんでも「差別」というレッテルを貼るのは、それこそがいじめハラスメントだ。

Visits: 170



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA