ブラックやダークじゃないと、誓ってくれ

コロナ感染拡大防止の方針を立てる責任は、「専門家会議」にあるように見える。しかし、ここには、実務の権限がない。提言をするだけである。
提言を実行するのは、厚生労働省だ。

実務で権限があるのは、厚生労働省の、次官・審議官・局長・課長である。
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/kanbumeibo/index.html
に、厚生労働省の幹部役人の実名が載っている。

この人達は、いま、何をしているのだろう。

提言には、たやすくできそうなものと、できそうにないものとがある。できそうにないものは後回しにして、ハードルの低いものから手をつけるというのが、役人の習性だ。他部署との関係で面倒くさい問題があるものには手をつけないというのも、役人の習性だ。


役人はコロナ感染拡大を止めなくても、ハラは傷まない。まったく想定外の未知のウイルスなので、言い訳が言いやすい。


感染拡大で医療が崩壊しても、崩壊してしまった時点で「これから再建します」という新しい任務のポジションに滑り込んで地位身分を確保すれば、罰せられることもない。今は黙って、ぶっ壊れるのを見ていて、壊れたところで救世主のような顔をして登場すれば、栄光にみちた未来になる。いま、苦労してコロナ拡大防止に手を出して失策してしまったら、役人人生の未来はない。ならば、なにもせず、適当に流して、様子見しながら、自分にふりかかりそうな火の粉を避ける選択肢こそが正しいのである。

場合によっては、「コロナの感染拡大で、金のかかる終末期医療を受けている年寄の患者がゴソッと死んでくれれば、あとあと、保健財政が助かる」と、口が裂けても言えないことを内心考えているかもしれない。こんなブラックでダークな存在じゃないと、誓ってくれ。


こういう猜疑をあらわに書くと、役人は公僕として役立ちたいと人生を決めたひとたちだから、お前の言は名誉毀損のいいがかりだ、と非難をあびる。

だが、それは、おかどちがいだ。金貸しが借りたい人の返済能力を疑いながら恐る恐る行なう「不信用のビジネス」であるように、国民は、ズルをしない約束のもとで役人に権限を与えているのである。役人は、サボったり手抜きしたりすり替えたりする理由を見つけ出すのがうまい抜け目のない集団だから、国会議員と大臣と国民は、性善説を捨てて、心を鬼にしなければならない。
今回のコロナに関する厚生労働省の役人が、セウォル号の船長でないことを望む。

あの船が挫傷して今にも沈没しそうになっているとき、船長は、「大丈夫ですから、じっとしていてください」とアナウンスした。言うことを聞いたまじめな高校生たちは、船室にとどまり、船とともに沈んだ。反対に、自分の頭で考えて海に飛び込んだ人だけが助かった。

コロナで日本が沈没したなら、責任は、すべて、厚生労働省の役人にある。
首相や大臣や専門家よりも先に、厚生労働省の次官・審議官・局長のすべてが、責任を追求されるべきである。

Visits: 107



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA