トランプ大統領の主治医コンレー氏はMDではなく、コロナも感染症も専門外の、骨接ぎ医DOだった。

・新規感染者数、東京207人。全国577人。

//////////////////

CNNとBBCでは、なんといってもトランプ大統領の入院がきょうの最大ニュースだ。

【大統領府の発表によると】
・トランプ氏の症状は軽度。倦怠感、疲れ、息切れ。
・メラニア夫人は、軽い咳。
・ふたりとも、自分が陽性だなんてとびっくりしていた。
・レムデシビルと抗体カクテルを投与している。
とのこと。

キャスターたちがとりあげているのは、次のような疑問:

【いつどこで感染したか】新判事を任命したローズガーデン集会のときではないか、というのが、CNNの推定だ。このとき出席していた複数の上院議員らが陽性になっている。
【発症したのはいつか】火曜日の地方演説、ふばんなら90分の演説をするのに、半分の45分でうちきった。このときすでに体調がすぐれなかったのでは?と推測。
【悪化速度が速いのでは?】木曜の夜に検査して金曜朝に陽性が判明。そして、金曜の夕方には入院。ふつうCOVIT-19の悪化は、発症から数日後だ。今回の行動は、あまりに急ではないか。重症化が進んでいるのでは? 
【毎日検査してたのか?】ホワイトハウスは毎日検査してると言ってきたが、本当にしていたのか?していたのなら、発症前に陽性を発見できたはず。

土曜日昼前、大統領の主治医が記者会見に応じた。
・この24時間熱はない。
・サチュレーションは96。
・酸素吸入はしてない。
・大統領の体調は、きわめて良好

//////////////////

おいらも記者会見のライブをみたが、大統領の主治医は、40になったばかりのイケメンで、やや軽薄なまでに自信あふれた態度は、いかにも金持ち患者に回復を口で保証するタイプに見えた。ファウチ博士とは正反対の、商売人の匂いがする男だ。世代から言って、トランプ氏本人の知己というより、娘夫婦の知り合いだろうか。
なんかへんだなと思ったので、調べてみると(wiki)、この主治医、ショーン・パトリック・コンリー(Sean Patrick Conley)氏は、フィジシャンとはいうものの、正式には、オステオパシー医である。アメリカの医療資格制度では、医師(MD,メディカルドクター)と同じ法的地位はあるが、実際の治療範囲は、日本で言えば、柔術整復士(骨接ぎ、捻挫治療)の範囲。アメリカのメインストリームの医師から見れば、専門家として格落ちの医療者である。まあ、とらんぷ一家の好みならば、とやかくいうことはないが、信頼度は低下せざるを得ない。

肝心の会見内容も、上記のように、新しい情報はほとんどなかった。今後この人がどういう頻度で会見をすることになるのかわからないが、やればやるほどマスコミにつっこまれて、最後は破綻するのではないか。

//////

下の写真は、大統領が入院した軍の「ウオルターリード病院」。記者会見が予定より30分以上も遅れ、CNNは、記者会見場所の病院正面を延々とながしていた。長い時間みせられたので、どこかで見たようなイメージだな、とおもって、記憶をたどってみると、

ゲームオブスローンズのブラーボスの「死者の顔を集めている」館となにやら似ているのであった。まさか、そんなことがねえぇ???

Visits: 452


  • DOについて知らないのですね。
    DOは施術だけでなく投薬や手術などの医療行為も認められている医師です。

    よく調べてくださいね。

    • やあどうも。公式や建前上はそのとおりです。ですが、医療業界のメインストリームからは、医療というより、代替医療とみなされています。ありていにうって、基地には出しませんが、1段落ちる医療家とみなされているのが現実です。15年ほど前にあるシカゴ大学の医学部教授がある有名DOのやってることを「スネークオイルを売ってる」と揶揄し、訴訟されました。スネークオイルを売るとは、医師のいなかった西部開拓時代に万能医療オイルと称して巡回販売したセールスマンのことです。訴訟は、そういう発言をした教授の負けでしたが、罰金も損害賠償もありませんでした。アメリカ抗加齢学会の会長とpresidentの二人はDOですが、MD主流のの米国医師会からは白眼視されています。DOの人の持っているMDの称号は、メキシコのカンクン大学とかの「デプロマ工場」で何万ドルかの金を出して買ったものであることが多いもの事実です。コンレー氏は、リハを必要とするアフガン戦場兵士のDO軍医からフィジシャンになったようです。DOを骨接ぎ医と揶揄したのはミスリードでした。とにかく、歯医者は口腔内の治療について投薬も手術もできますが、他の部位の治療をする資格はありません。DOもMDではないので、認められている限られた分野の医療ができるだけで、医師のように、何科でもできる資格を持っているわけではありません。医師と同等の医療ができるような誤解を広めるべきではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA