リバウンドが始まっている。日常生活面での行動変容はもう期待できない。では、どうする?

新規感染者数
全国1479人
東京409人

/////////////////////

ついにリバウンドが始まったかと思うような数値になったが、政府は、きのうから各方面に「21日で解除」という根回しをしてきている。解除してもしなくても一般人は「これ以上なにもできない」と思っているので、変化はない。病床の逼迫がなくなったから解除という理屈だけで解除をやることになるのだろう。

政府はワクチンを唯一の頼みにしていて、他には有効な手を持っていない。口で言ってももう人々は馬耳東風になった。感染を抑えるための行動変容は、もうなんにもない。感染は途絶えることなく続き、コロナ警戒生活は延々と続く。

////////////////////////

アストラゼネカのワクチンに重大な脳血栓の辞令が続いて、ヨーロッパでは18カ国が様子を見るため、接種を中断した。

ブラジルでは変異株が爆発的で、1日あたりの死者が2800人を越えている。

沖縄でE484型という変異株が検出された。6人が感染していた。ワクチンの効果を弱める。国の監視対象外なので、強弱は不明。
・東京都の変異株DNA検査量は、感染者の5%にとどまっている。変異株のDNA検査を60%以上で実施している自治体もある。東京都が増やさないのはなぜか?として、小池知事を非難する声もある。国も都も変異株がどういう浸透ぶりをしているかを監視するつもりがないのは、どういうことか? 役人とその組織は首相や知事に先もって行動する気構えがないことはたしかだ。

///////////////////////////

Visits: 159



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA