千葉居酒屋クラスター、京都中高生クラスター、福岡看護師クラスター、埼玉公務員家族感染、札幌夜の街関連、菅政権は新コロ対策に取り組め世論64%

・きょうは東京171人。全国で492人。

・東京都の専門家会議が「急速な感染拡大を、強く懸念する」
(おいらのコメント)おいらは先週から懸念してる。専門家会議は人に示せるデータがそろうまで発言しないから遅れるんだね。

・東京都は感染者増加に転じている。「今週末からのシルバーウイークは体調悪い人は外出控えて」と都知事。
(おいらのコメント)おいらは、「全員自粛」を願う。この時期に1割でも抑えていると、数学的には、3ヶ月後の50%ダウンにつながる。いまやれば先々安全なのだ。

・大阪市が、コロナ在宅の教師の給与を減額。賠償訴訟がはじまった。
(おいらのコメント)大阪市に限らず、教育委員会は文科省のレギュレーションに縛られているのだから、訴えるなら市ではなく国を訴えるのがロジカル。大阪市では、コロナで休む従業員問題を矮小化して扱うだろう。

・ロシアがインドに1億人分のワクチンを供給する。
(おいらのコメント)欧米がインドにワクチンを提供する話はそもそも皆無だから、ロシアから提供してもらえるなら、インドは治験しながら進めれば良い。

・コロナで追い込まれるアメリカの若者の4人に1人が、「自殺を考えた」
(おいらのコメント)ニュースウイークの記事。データはCDCの調査。聞き取り相手の数は5400。10~24歳の年間自殺数(銃による)は3000人。これが今年は増えているのではないかと心配されているそうだ。

・中国の「不活化ワクチン」は最初の接種志願者180人が、5,6ヶ月を経て一貫して抗体が安定している。
(おいらのコメント)ワクチンには、「生ワクチン」「不活化ワクチン」「トキソイド」がある。不活化ワクチンは、自然感染や生ワクチンに比べて生み出される免疫力が弱いため、1回の接種では十分ではなく、何回か追加接種が必要になる。欧米の製薬会社がいま開発している生ワクチンより格段に安そうだし、使えるものは使えばいい。欧米の薬屋やその手先の言いなりになることもなかろう。

・札幌:介護が必要なコロナ感染者を病院へ入院させるについて、新しいシステムで迅速に。
(おいらのコメント)いままでも、医療機関と介護機関のあいだの情報共有はデジタル化(もネット化も)されてこなかった。厚生行政がいかにITで遅れてきたかを示す記事だ。開業医と大学病院、大学病院どうしでもいまだに、情報漏洩のリスクを言い訳にして医療情報をネット共有する気がない。米国では、保険会社が強くて傘下の病院をネット共有させるが、日本の保険支払機関は、不正請求を監視する以外の役割を果たしてこなかった。医療のクオリティ向上も医療の生産性向上も、医療情報の共有(多元多層的な共有)という根幹インフラぬきには実現できないのに、厚生省も医師会もそれには目をつぶって、医療担当者個人ががんばってくださいで、すませてきている。自助や共助は(医者個人や単体の医療機関でできることは)やり尽くしている。高速道路をつくれるのは「公」だけだ。「公」がどげんかせんといかんのよ!。
菅さん、自助・共助・公助なんて概念は古すぎ。
いまは、「助」ではなく「イニシアチブ」の時代だよ。「個人イニシアチブ」、「先覚グループイニシアチブ」、「国家イニシアチブ」の時代だよ。
昔から個人や先覚のイニシアチブが哀れなほど弱い日本では、国が音頭と責任をとるイニシアチブでやるしかないでしょ。それをさぼってきた役人・国家組織のせいで、いまの体たらくが起きてるのよ。キャリア公務員の使命感の、ふんどしをしめあげてちょうだい。あーら、半沢直樹の黒崎口調になっちゃった。ごめんあっさーせ。。。

Visits: 174



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA