尾崎東京都医師会長いわく「いまからが真剣勝負の3週間」。敗戦した西村大臣の「勝負の3週間」は、リハーサルだったのね。

////////////////////////////

最新コロナ状勢
新規感染者数
全国3270人(過去最多)
東京748人(過去2位)
大阪313人

//////////////////////////////////////////

日テレは3212人、TBSは3239人と伝えている。なにしろ、過去最多だ。おいらは、3500をこえてオーバーシュートすることはなさそうだと予想してきたが、きょうの数値は、いよいよ高波が堤防をこえようとしているギリギリの様相だ。
欧米にくらべれば死者も感染者数も少ないとはいえ、過去最多を突破し続けているのは動かしがたい事実だ。
おいらの主張は、3月末のブログ開設以来、なにも変わっていない。「経済をとめてでも、コロナをゼロにしよう。不要不急の商売をとめても、社会は死なない」である。この年末の第3波の、危うい動きを前にして、おいらのポジションをあらためてはっきりさせておこう。

/////////////////////////////////////////////////

当ブログの
ポジションステートメント

////////////////////////////////////////////////

・コロナ対策のゴールは、
「ウイズコロナ」ではなく
「ゼロコロナ」。

・感染防止と経済の両立という政府方針についての評価は、
「愚昧」に尽きる。二兎を追えるはずという夢想で自他を催眠し、時間と資源を消耗している。

・とるべき大号令は、
「ゼロコロナ実現のための非常事態宣言とその行動」(略語:「ゼロコロナ執行」)。その内容は、「人と人の接触度合いの徹底的な削減。そのための企業と個人の徹底的な行動変容を命令し、例外を認めない強制執行を行なう。それに伴う損失や逸失の補填」。

・ゼロコロナ執行を行なうため、いまの政府司令塔体制を解任し、新たに結成する「ゼロコロナ執行体」に臨時的に最高権力を与える。「ゼロコロナ執行体」の首班は、医師資格をもつ国会議員に限ればよい。

・いまの政府執行部は、有能とはいいがたい。無能という罵詈雑言を投げつけるのも失礼だから、「劣能」とでも言っておこう。首相と大臣の「劣能」さをいちいち論証する手間をかけず、あだ名を命名して、かれらの問題の本質を直感的に伝えよう。
★GOTOインパール菅(総責任者)
★インパール赤羽(GOTO担当)
▼ノモンハン将校の西村(経済再生担当)
▼ノモンハン将校の加藤(弁明広報担当)
▼ノモンハン将校の田村(医療供給担当)
■キンコバン麻生(ないそでふれぬ担当)

・政府厚労省当局の対策の通信簿は、
5段階評価の最低点「1」。
エントツさんである。2のアヒルさんですらない。

・東京都知事当局の対策の通信簿は、
5段階評価の最低点「2」。
アヒルさんである。3のカモメさんですらない。

Visits: 153



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA