秋冬は目の前だ。検査、隔離、治療、ワクチン。菅・石破・岸田、誰がトップになっても、政府当局は、コロナを乗り切るための作戦とロードマップをちゃんと示せ。

PCR検査について日経のけさ(9/4)の朝刊が、良いまとめ記事を書いていた。

「増やせないPCR検査。増やせば、経済活性化に寄与するのに」

顔を90度曲げてみてくれ。
有症状者 濃厚接触者 医療従事者定期検査 新規感染の多い地区の住民 全住民
日本  ○  ○  ✖  ✖  ✖
ドイツ  ○  ○  ○  ○  ✖
英国  ○  ✖  ○  ✖  ✖
ニューヨーク  ○  ○  ○  ○  ○

上記は、誰を対象にPCR検査をやってるかを示す。

日本は症状ある人を中心。
ドイツは、10万人あたりの新規感染者が50人以上の地域などは全住民検査。
ニューヨークは、無症状でも無料で検査可能。州が用意した検査所が数百箇所。
英国は濃厚接触者は自己隔離。無症状なら検査せず。介護施設職員入居者は定期検査。

検査能力の国際比較

1日の検査応力 1日の検査件数
日本 6万 2万
ドイツ 20万 16万
英国 34万 18万
アメリカ 100万 70万

圧倒的に日本は少ない。拠点数は、アメリカの50分の1。

見劣りする日本の検査数。

なぜ増えない? 複雑な検査の流れが目詰まりを生んでいる。そして、複雑なやり方を変えられないのはなぜ? 

///////////////////////////////

8月中頃、橋下氏が世田谷区の「PCRを だれでも・いつでも・何度でも」を批判して「PCR全員検査は無意味ムダ」を主張していたが、いろんな人と議論して負け、引っ込んだ。
上記の日経のまとめ記事は、そのダメ押しのようなもの。つまり、

PCRは、できるだけたくさんやれるほうがいい

ということだ。日本は、資源(機械、人員)が少ない上に、当局が石頭でアイデアがなく(プール式の検査、ドライブスルー式検査など)、制度を複雑にしすぎている。

当局が、喉元すぎれば熱さを忘れるアホかもしれないので、冬にかけてPCRの需要が急増するという予想の上で対策が練られているのか、非常に気になる。
いまなおPCR検査をしてもらえないクレームが聞こえてくるし、検査報告までに4日かかるなどのクレームもなくなっていない。クラスター鬼ごっこをする保健所でトレーサーを多数増やしたという話もない。どうやってのりきるつもりなのか、ロードマップが見えない。

Visits: 210



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA