コロナ戦中日記

パンデミック下で、どう生き延びるか。

この画面は、簡易表示です

top

「診察前に、死んでくれ」

ニューヨークが深刻になっている。CNNが現場の医者に取材した。その女医は、「患者が押し寄せて、病院は対応しきれません。生き残れそうなら治療します。生き残れそうにないなら、治療しません」別の医師も言った。「治療するかしないか、振り分けせざるをえません。50歳以上は治療しません」

ニューヨーク州のクオモ知事が会見で「ベンチレーター、ベンチレーター、ベンチレーター」と叫んでいる。ベンチレーターは、人工呼吸器のこと。息ができない重症者の息を手助けする機械だ。2万5000台欲しいそうだ。それだけ死に瀕している感染者がいるということだ。


ホワイトハウスの対策トップのファウチ博士に教えられてトランプ大統領が言った。「ほっとくと、200万人が死ぬ。適切な対策をするので、10万人で抑えられる。これでも上出来だ」
東京でも、感染症用の病床はすでに満床だ。満床どころか、患者が3倍もいるので、他の用途のベッドを転用してなんとか入院させている。これ以上は融通のきかせようがないところまで来ている。
きょうは4月1日だ。東京の感染爆発と医療崩壊は、数理的シミュレーションでは、4月10日と予想されている。数理的シミュレーションは、人間がなんの対策もせず個々人が生活変容をしなければという前提で行われるものなので、それを引き伸ばすことはできないわけではない。引き延ばせればよいのだが。


とはいえ、ニューヨークやイタリアでは、医療者の疲弊が生じてきた。医療者が感染にさらされて戦線離脱すれば、ますます、医療の崩壊が早まる。引退した医者やナース、免許をとったばかりの新米医師や新米ナースも、現場に投入される。彼らは、ものすごいストレスにさらされる。

コソボ内戦

21世紀になる直前の時期、コソボやクロアチアの内戦が突然起きたとき、医師免許をとったばかりの小児科の若い医師は、病院に砲弾を打ち込まれて、先輩医師がいなくなった。(死亡と逃亡)。手や足の千切れた患者、はらわたがそとに出ている患者たちが押し寄せた。研修したこともないメスを持つ手はブルブル震え、彼はつい思った。「手術の前に死んでくれ」
この医師はその後の修羅場を何年ものりこえ、タフな医療者に成長した。内戦が終わったあと、体験を本に書いた。いまニューヨークの感染の現場で医療者人生を始める医師やナースも、その患者が生き残れそうかどうかトリアージしなければならない過酷さの中で、内心思うかもしれない。「トリアージの前に死んでくれ」



宣言はまだか?

緊急事態宣言がなかなか出ない。
報道によると、3月30日、官房長官、ネットで拡散の“政府が近く緊急事態宣言の情報”を明確に否定。

日本医師会「緊急事態宣言 もう発令してもよい」

緊急事態宣言「国家としての判断求められている」小池都知事(2020年3月31日 18時35分)

なぜ出ないか?「まだ、もちこたえてる」と官房長官と政府の専門家チーム。
「持ちこたえてる」というデータがはっきり示されないので、政府の態度に同意しにくい。

今朝、5チャンネルの名村コメンテーターは、「宣言をだすまでもなく、皆が自主的にやるのが一番」と、国家の強制を危惧し、人の性善説を期待するコメントをしていた。このひとは知性はあるんだろうが、勇気がない小心者のようだ。

若者か馬鹿者がコンビニなどバイト先でバイトテロを起こしたことを思い出すと、いい大人が自粛無視テロをやることも目に見えている。

テレビの取材でも、新橋駅前の酔っぱらい中年サラリーマンや渋谷新宿のお調子者の若者男女は、「わかってるんだけど、ちょっとビールをのみたかったんだよね」とか「俺は免疫が高いんだ」とか「自己責任でやってるんだから、ほっといてよ」、という調子だ。彼らの危機感のなさに対して「ちゃんと説明してわからせれば、わかってもらえる」というコメンテーターもいるが、一定の割合でいる「エントツさん」と「アヒルさん」は、どこまでいっても、エントツさんとアヒルさんのままだろう。「エントツさん」と「アヒルさん」って、なに?通信簿の成績が「1」のひとが「エントツさん」。「2」の人が、「アヒルさん」。公共心や自己規律心が「エントツさん」と「アヒルさん」なのである。

いまは、もう、宣言を出す出さないの議論をやってる場合ではない。
「経済が悪くなる、宣言出すともっと悪くなる、やめてくれ」(経済界)「国が宣言を出すと、小切手も出さなければならないから、いやだ」(財務省の隠れた本音)「ウイルスで社会が壊れるより、経済が壊れて社会が困るほうが重大だ」(ホリエモン流のエゴイスト)

感染は爆発していない・ギリギリだという人は、先見性を放棄している。先見性のない指導者は、社会の邪魔である。
今回の場合、先見性とは、感染の拡大がどう予想できるかという、数理的なシミュレーションで確かめることができる。
///////////////////////////////////////
理数モデルによるシミュレーションを見つけた。すぐれものだ。

(東京都での感染爆発のシミュレーションのグラフ)
■パンデミック終息に向けて私たちに具体的にできること:
https://fttsus.jp/covinfo/our-action/
■ウイルスと共存する長期戦略は存在しない
https://fttsus.jp/covinfo/remarkable-comments/
■県別シミュレーション
https://fttsus.jp/covinfo/pref-simulation/
■社会距離作戦をとった場合の世界での収束シミュレーション
https://fttsus.jp/covinfo/international/

すべて読み甲斐がある。
わけても、世界での収束シミュレーションでは、人々の現在の相互交流量を1として、外出禁止策で(これを社会距離作戦、ソーシャルディスタンシングという)人と会う量を4%、3%、2%、1%にした場合に、感染の広がりがどうなるかを示している。なんと、たったの4%も維持しているだけで感染は拡散しっぱなしで、1%だと(つまり、付き合い量をいままでの100分の1にする)拡散を抑えて、収束曲線にはいり、終息にたどりつけるという試算は、驚かされる。(2%、3%でも収束するが、かなりもたもた収束になる。)

テレビなどではまだ誰も話題にしていないシミュレーションデータだ。
知り合いの、公務員、役人、あなたの選挙区の選出議員、会社経営者のすべてにいますぐ教えるのがよい。



コロナ関連番組、民放テレビ局をmyランキングしてみる

2月初旬依頼、コロナ関連の番組をウオッチングしてきた。学校の成績のように5段階で、私がmy通信簿を付けてみよう。5が最優で、1が最劣である。
民放の通信簿成績

4チャンネル      2切り込みがあまい。姿勢があいまい。
5チャンネル      4切り込みはそこそこ鋭いが、ときどきポカする
6チャンネル      4切り込みは鈍いが、まじめさが持続してる
7チャンネル      2切り込みがなく、受け売りが多い
8チャンネル      2声は大きいが、ヘイトもどきになりがち
BBC      5冷静。的確
CNN      5噛み付くような情熱性。細かいことも見逃さず、取材先のごまかしを許さない

番組別成績

4チャンネル朝:土曜、辛坊の番組
昼:ヒルナンデス/エブリー
夕:日曜6時台
 辛坊のつっこみがよい
流してるだけ
 独自意見がある
5チャンネル朝:羽鳥の番組
昼:大下の番組
夜:newsstation
玉川の勇気ある偏り方が貴重
大下のおとぼけバランス感覚
やや鈍い。情が先行しすぎ
6チャンネル朝:日曜、関口の番組
昼:平日Nスタ
夜:NEW23
夜:BS松原の番組
 ツッコミ不足。
常識的
常識的
MC力が問題掘り起こしに浅い
7チャンネル朝:モーサテ
昼:
夜:
 コロナ報道は受け売りばかり
8チャンネル朝:めざましテレビ
昼:バイキング
夜:夜:BS、8時から
 
素朴な疑問をぶつける良さあり
 フジサンケイ保守っぽい偏向

(鋭い人ふたりと、庶民みたいに乱れてる人と、安倍氏の用心棒)


総評:: 日本のテレビは、ぬるま湯的。


民放テレビ局は、消費を掻き立てることが事業目的の99%であるためか、コロナウイルスのような、ネガティブで、ダークで、不安症と強迫症を掻き立てざるを得ないテーマを扱うことは、総じてヘタ。娯楽路線で視聴率を稼ごうとしてきたツケが来ているのではないか。どの局も24時間のうち22時間は、消費と遊びと娯楽とスポーツで埋められている。ビジネスモデルとしては、テレビ番組は、コマーシャルをうつための撒き餌である。その中で、スックと自立するのは難しいのかな。


NHKもどうかしてる。


番組スポンサーの機嫌を伺う必要がないはずのNHKも、ニュースを「わかりやすくお伝えするため」と称して、万人受けと軽娯楽性のシュガーテイストに陥っている。シュガー抜きを求める視聴者の落胆と軽蔑を誘いがちだ。
たとえば、

夜9時のニュースウオッチ9は、薄笑いを浮かべた男性キャスターの表情が、深刻な内容を伝えるのにミスマッチだ。顔のことを言うなという考えの人もいるかもしれないが、世界のニュース番組であんな頼りなさそうな顔のメインキャスターはいない。ニュースではなく「癒やし番組」なら、顔だけで緊張感を和らげるこのひとでもよいが、ニュースはダメだ。深刻は話をしても、おちゃらけに見えてしまう。若者が「自粛といわれても強制じゃないから」と受け止めているのは、彼の怖くない顔つきのせいではないか。
NHKは、悪くない科学番組なども多いが、ニュースやドキュメンタリーは、中立性や両論併記を守ろうとしすぎて、自縄自縛に陥っている。視聴者に批判されたくない政府体制側は、要所要所の人脈を通じて放送内容に圧力をかけることができるが、NHKのあるじは政府ではなく、受信料を払う国民なのだから、萎縮も忖度もすべきではない。
なんとか「持ちこたえている」のかもしれないが、「クローズアップ現代」という番組が昔と違ってかなりの鈍ら(なまくら)になってしまったのを目の当たりにすると、刃を研ぐ砥石を貸してやりたくなる。一言でいうと、英国のBBCや米国のCNNに比べると、なんと「起論力」がないことか。「起論力」とは、新発見の論点を太線で引いて、視聴者をガツンとサプライズさせる表現もできるということだ。人材がいないのだろうか。
CSで見ることのできるBBCを、無料でリアルタイムで追える方法がある。スマホで、スマホアプリで「BBCnews」をダウンロードすればよい。BBCが流したニュースビデオのメニューが、センスの良いデザインで表示される。表示は英語だが、すべて、1~2分の動画なので、英語がわからなくても、見てれば、なにを言ってるのかすぐわかる。中学生程度の英語が分かれば、俳句より短いヘッドラインを読めばもっと分かる。

CNNのアプリはないが、かわりに「NBCnews」アプリで米国テレビ局のNBCの動画サイトを無料で見れるし、「usaTODAY」アプリで、見ることができる。


これらと比べると、悪いけど、日本のテレビ局の記者会見も、マシュマロを投げてるようなものだ。
CNNでもBBCでも、大統領級のインタビュー相手でも「tell me  質問内容、、、」というふうに単刀直入に質問するが、日本では、この「tell me」が「お伺いいたしますが、」という表現になる。
敬語の使い方の問題だけではなく、記者がへりくだりすぎて、噛みつきレベルが低すぎる。噛みつかなければ、相手は適当にごまかし、逃げてしまう。ほんとうのことがうやむやになりがちだ。

それが、日本のテレビ局のマシュマロ投げ体質だろう。

日本のテレビ局も、頭の中身も組織の体制もガラパゴスしてるんだろうな。そのうえ、ガラパゴスした情報を視聴者に流して、視聴者を衆愚の海に放り込んでいるんだろうな。

自衛策としては、連中は、ガラパゴスした情報やバイヤスのかかった情報を届けてくると見定めて、時々、BBCやCNNで、頭の中を洗浄する必要があるんじゃないの。



不要不急ってなんなのさ!

仮想の手紙:親愛なる、綾小路歌右衛門さま

あなたのファンとして、熱烈なる後援者として、いつも、ステージ上の見事な演技と歌を、死ぬまで支えたく思っております。
さはさりながら、このたび切迫しております新型コロナ事態の「不要不急の外出自粛」要請に従いたく存じますので、次回の綾小路様の公演には参加できません。無観客ステージを行なわれますか? スタッフの感染防止を考えれば、ほとんど不可能と存じますが、ネット配信が実現しますなら、ご連絡ください。
それにしても、綾小路様のお仕事は、「不要不急の」ものだったのですね。
そういえば、いつも舞台の千秋楽の打ち上げで繰り出します銀座のクラブ「てんこもり」のママから「おひまならきてよね」と電話がありましたが、あの職業のかたたちも「不要不急の」接客業ですから、残念ながら、訪ねてあげるわけにもいきません。

共通の友人である画家の本田先生も明日から個展を開かれる予定でしたが、画業などの芸術家のおしごとも「不要不急の」ものであるらしく、本田先生は、誰も来てくれないとして、急遽、個展の中止をお決めになりました。

ピアノ演奏家である奥様も、予定の演奏会はすべて中止だそうです。

以前にお誘いして、フォアグラ仕立ての鳩のグリルに舌鼓をうちましたフレンチ割烹のシェフ・コビットさんが、綾小路様のご自宅に訪問ケータリングできるとのことでしたので、お伝えいたします。コビットさんは、名字が、WHOがウイルスに命名した名前と同じため、あらぬ風評被害を受けています。まったく気の毒なことです。
芸能の方面、水商売の方面、芸術家の方面、食事どころの方面、など、「不要不急の」方面のかたは、お仕事が窮地に立たされ、まことにお気の毒な仕儀に至っております。
ひるがえって考えますに、真面目に働いてきたのに、自分の仕事が「不要不急」とみなされるのは忸怩たるものあり、と言わざるを得ません。ルイビトンもシャネルも香蘭社など高級ブランドものも、まるごと「不要不急」ということになるのでしょうか。
古くなったメルセデスをレクサスに買い換えるのも「不要不急」。

小池知事様は、「不要不急」の定義を問われて、「要とは、きょうしなけれなならないこと」と答えました。きょうしなくてもいいことは「不要不急」ということです。でも、正しくは、「生死にかかわりそうなことで」という限定が付くはず。そういう意味で話を絞ると、警察治安消防と医療だけ。この2つが崩壊すると、社会そのものが崩壊するからです。
綾小路さまも、家に引きこもっておられるとお聞きしておりますが、すぐに退屈しストレスが貯まることでしょう。ネットフリックスなどの娯楽や室内エクササイズで、コロナ戦中生活に潤いを補われますよう。すべてが終わったときに、お目にかかりましょう。
敬具。



自粛呼びかけのフレーズ、1位はどれ??

日本医師会までが緊急事態宣言を出せと言い始めた。いま「外出自粛の要請」だが、緊急事態が宣言されると「外出自粛の指示」になる。諸外国の非常事態宣言では「外出禁止」だが、日本の法規ではそこまでできないらしい。
「不要不急の」という修飾語が付く「外出自粛」だが、ともあれ、外出自粛がキモになる。これを、国民全員でやらねばならない。
どう呼びかければ、より多くの人が自粛してくれるだろうか?
1:「外出自粛」(政府、東京都ほか自治体)

2:「三密を避ける」(NHK)

3:「用もないのに、そとに出るな!!」(北野たけし)

4:Stay-at-home(ステイアットホーム、英国ジョンソン首相)

5:SELF-isolating

(セルフアイソレイティング、自己隔離、米国CDC,マスコミ)

 

 

私が、いちばん気に入っているのは、

「にいちゃんも、ねえちゃんも、おっさんも、おばはんも、家でゴロゴロしてろ」

である。

 

ニュージーランドの警察が「家でゴロゴロしてるだけで、あなたは、ウイルスを退治するヒーローです。」と言ってるのをもじってみた。




top