コロナ戦中日記

パンデミック下で、どう生き延びるか。

この画面は、簡易表示です

top

アビガン:中国の論文とりさげ

アビガンが注目されるきっかけとなった中国の論文が、取り下げられた。

中国政府がアビガンを公認したというような報道がなされていたのに、基本的な論文が取り下げられたのでは、それも中止か?

日本の関係者は、アビガンの研究を進めるとしている。



専門家会議は、ほんとうに日本の叡智なのか

コロナ対策の専門家会議の面々は、ほんとうに、日本の叡智なのか?
いやな記事を読んだ。

原子力発電のときは、「ゲンパツムラ」という言葉があった。経産省の役人と、電力会社からふんだんに研究費をもらって使う学者たちのズブズブの関係のことだ。要するに、役人と学者がつるんで、原子力発電をエサにしている実態のことだ。その記事によると、今回のコロナについても、同じようなことが見え隠れする。いわば、「パンデミックムラ」ということだ。
その記事「選択2020年4月号」では、政府内には、感染症対策で、似たような会議体がある。その顔ぶれをみると、

内閣官房の新型コロナ専門家会議:座長脇田氏、副座長尾身氏、など9人。

内閣官房の新型インフル等対策会議:会長尾身氏、会長代理岡部氏、押谷氏、河岡氏、川名氏

厚労省の新型インフル等対策有識者会議:座長岡部市、委員押谷氏、河岡氏、川名氏、といったかんじだ。
記事では、実名をあげて、その人の研究実績と、厚労省の予算がつけられた研究機関でもポジションが書かれている。詳しく引用するのは大量になるのでやめておくが、かわりに、記事中の見出しだけをピックアップすると、★ 新型コロナ専門家会議、その提言に世界が疑問符★ 「パンデミックムラ」の利権構造★ 「検査難民」が溢れる大失態★ 予算増とポスト拡大に余念なし★ 実績乏しい日本限定の「専門家」ということだ。
新型コロナ専門家会議が、どうも同じ顔ぶれのたらいまわしで構成されているというのは、聞き捨てならない話だ。いま、日本中のひとびとは、専門家会議がちゃんと確かな提言をしてくれるに違いないという前提で、提言を受け止めているからだ。
批判的な側からは、専門家会議をしきっているのは、「パンデミック対策とは程遠い人たち」(公衆衛生学教授)だそうで、

座長の脇田氏は、C型肝炎の専門家で、コロナとは畑違い。
副座長の尾身氏は、米国立医学図書館データベースに収載されている論文が共著もふくめて16報だけ。メンバーの吉田氏(東京慈恵大)と鈴木氏(感染研)と川名氏(東大医科研)と武藤氏(東大医科研)は、全員が、百報以下だそうだ。日本のコロナウイルス研究の中核である「感染研」そのものですら、新型コロナに関して発表したのはたったの3報。ランセットなど権威ある学術誌には掲載されていない。中国はすでに900報。ネイチャーやランセットには20報以上が掲載されている。

政府の専門家会議のメンバーは、英国の主席医務官ウィティー氏(論文187報、ランセット8,ネイチャー4)や、米ホワイトハウスの主席医務顧問ファウチ博士のようなレベルに比べると、実績が乏しい。

押谷氏が旗を振り、若手の西浦氏が取りまとめている「クラスター追跡」は、海外では採用されなかった日本だけのやりくちだ。このガラパゴス的立ち位置が、コロナ感染爆発の事態改善に役立ったのか、終息後に検証されることになる。
記事では、そう締めくくられている。
思うに、国民として、いまの専門家会議の提言に不信感をいだいたまま進んでいくのは、大いなるストレスである。
習近平は、混乱する武漢で、信頼を取り戻すため、責任者ふたりのクビをきった。

日本でも、信頼できる本物の専門家会議がほしい。
1)今の専門家会議には、東大医学部・慶大医学部の優れた人材がはじき出されている。その2つの組織から優れた人材を入れよ。

2)今の専門家会議には、公衆衛生の専門家がいない。公衆衛生の専門家を招け、

3)今の専門家会議には、数理モデルを駆使して感染予測をミュレーションできる数理モデルの専門家がいない。招け。

多様な人材を招き、感染症=公衆衛生=数理モデルの3部門連合の連合軍に編成しなおすべきではないか。

感染症研究者の植民地とも言える現在の専門家会議のメンバーは、このまま、クラスターの追っかけという縄張りにこだわり続けると、A級戦犯になるかもしれない。それはそれで、気の毒すぎる



日本の身に降りかかることを、占った

私は占い師である。これからの18ヶ月、コロナがどのように日本に振りかかるか、占った。その結果をここに示そう。


////////////////

2020年

4月3日:現在。6月下旬:コロナ感染者数のピーク第1波。治療薬(アビガン)投入、後手。

7月初旬:コロナ第1波の死者数ピーク。
7月、8月:第1波ピークはすぎても、1日100人の感染者、継続

9月:第2波はじまり、
10月下旬:第2波感染者ピーク
11月:第2波死者ピーク
12月:クリスマス新年で、自粛緩み、

2021年

2月:第3波始まる。改良型アビガン投入。
3月:第3波感染者ピーク
4月:第3波死者ピーク

5月、6月:第3波ピークはすぎても、1日数十人の感染者、継続
7月、8月:感染者1日、10人レベルに減衰
9月:コロナワクチン第1号、許可。製造開始。
10月~:ワクチンを、順次、未感染者に注射。(月間500万人ペース)

2022年

6月:ワクチン摂取、国民の60%に。国民レベルの集団抗体の成功。

12月:世界でのコロナ流行国、ようやく30%を切る

/////////// 占い結果から社会影響を推論すると、/////////

■ 延期した東京オリパラは、やはり開催できない。

■ 日本のGDPは、2020年が450兆円。2021年が400兆円。

■ 2022年が、いわば、戦後復興のはじまりのはじまりの年。

■ 2023年が、新しい社会設計に基づく、社会再建はじまる年になる。

/////////// 2020から2022末の黙示録 ///////


2020,2021,2022の3年間は、実質、ボロボロになる。


①政府はf何をやっても、急速に変化する事態についていけず、後手後手にならざるを得ない。官僚に任すと、とにかくのろいのだ。

②人々、企業は、政府にしがみついて救済をもぎ取ろうとするタイプの生き方と、政府に頼らず自分で考え困難を克服していくタイプにる。両者は相容れず、政治面での対立を深める。

③社会内の安定層(公務員(国家38万人、地方290万人)、連合に属する大企業労働者(600万人)、金融資産1億円以上の富裕層260万人)と、不安定層(非正規労働者2000万人、自営業者600万人、ローン借入者(キャッシング、リボルビング)800万人、住宅ローンきつい層300万人、要介者を抱える世帯200万人、減額される生活保護者200万人)の格差がのっぴきならないものとなり、社会接触や対人関係がよりストレスフルになる。

//////////////// 結語:用心、用心、また用心


なんと、お先真っ暗な予言であろうか!!この3年間は、「ストレスフル・エイジ」だ。コロナの前の時代に比べると、10倍、わたしたちに降りかかるストレスがおおきい。この時代に降りかかってくるストレスとはどういうものか。
悪いことしか起こらないという予想は、つらい。わずかな希望でももちたい。しかし、どのことに希望を抱けばよいのであろうか。弱い人、自信のない人は、受けるストレスをおおきく感じる。希望が持てないとき、ひとは、その予想を無視する。無視しないと、自分を保てないからだ。攻撃的な場合は、その予想を間違いだと避難したくなる。


その心理が危ない。そのままだと、行動が悪い方に変容する。①無知、②蛮勇、③やけくそ、④非科学、⑤自分は考えず指導者の考えに身をまかす、という態度に陥ることになる。自分を失うのだ。


あらゆる生活行動は、情報を集め、考えてから自分で判断せよ。
まわりには、途方もないマヌケがいる。普段は普通でも、ストレスから開放されたくて、ノリノリに羽目を外して、心が危ない人になってしまうことがある。
バイトテロのようなことをしそうな人とつきあうな。浴びているストレス度が高くて、いまにもキレたり、独り言をいいそうな人とはつきあうな。


コロナは、時代の通奏低音になる。すべての人が、気づかないうちに、ストレスを浴びているのだ。2023年までは、気を緩めるな。

賢者たちは、皆、言っているはずだ。

これは、長期戦だと。



既存の法で、非常事態の実効をあげる

「特措法にもとづいて緊急事態宣言をだしても、外国の非常事態宣言のような、強権的なことはできないのであります」と首相は、国会で言ってるが、別の既存の法を使えば、実効あることができるだろう。
外出禁止や飲み会ていどのことなら、

威力業務妨害

道路交通法

公務執行妨害

テロ行為を未然に防ぐ職務質問

青少年非行防止

を当てはめるぞ、という威嚇でつぶせるのではないか。もちろん、これはとても乱暴だが、警官たちは使うのになれているはずだ。
さあ、この無茶振りに反論してみよ。




top