もうコロナウイルスは止められない。日本は世界最悪の感染地になる。そんな予言があたりそうだ

感染の状況
全国1661人。
東京393人。
大阪233人。
北海道236人。

新規感染者数が過去最多になったので、テレビががコロナ感染を主要ニュースのひとつにするようになった。過去最多なのは多くの県でもそうだ。経路がわからない感染が多い。クラスター状になっておらず、全国で、万遍に、家令や職場かで発生している。ウイルスは、社会に散らばり、どこにでもいる状態になった。
そうなることはわかっていたのに、クラスター鬼ごっこで感染を抑えると考えた政府専門家集団の、頑迷な愚かさが悔やまれる。

政府当局の方針のせいで、ウイルスが広がったのだから、政府当局は責任をとるべきだ。尾身会長も、大臣たちも、皆、取り換えるべきだ。いままでとはフェイズがかわっているのだから、過去の判断を言い訳する連中に、新しい解決策は行えないからだ。
2月に日本が「クラスターをおさえるやりかたでやる」といったとき、世界の専門家は「他国と違うユニークな方法」と皮肉った。クラスター鬼ごっこで漏れるウイルス感染が地下水脈のように広がっていずれ大感染になることを指摘する皮肉だったが、日本の専門家たちは、「独特のすばらしい発明をした」と受け取って、クラスター鬼ごっこの欠陥を見ようとしなかった。当時は、気候的に湿度が高くてウイルスを抑えやすかったが、現在はそんな幸運はない。政府当局者はウイルスを抑える手段を持たないばかりか、医療機関をウイルス抑えに動員組織する能力にも欠けているように見える。今後は、ウイルスが自分の事情で「もうやめた」というまで、感染が一方的に広がっていくだろう。

Visits: 149



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA