後手後手の政府、菅首相・西村大臣、知事たち、NHKがコロナ拡大を恐れ、GOTO大臣は「まだ緊急期待じゃない」と抵抗。

最新のコロナ情勢
新規感染者数:全国949人(月曜発表分の最多更新)
東京180人。
北海道189人。

目立ったできごと

・豊洲市場で相次ぐ感染、15人。
・札幌、レベル4。市独自の緊急事態宣言のレベル。未発出。
・バッハ会長:オリンピックの選手ワクチン、IOCが負担。

・バッハ会長:日本人の規律正しさに感銘
(おいらのコメント)褒めるな。バカがつけあがる。

・いま流行ってるのは、変異したコロナういるす。再感染しやすいという研究が出た。

・医療機関への協力金はたった30億円の東京都。
(おいらの見解)都知事が悪いのではなく、政府が悪い。小池嫌いの菅と麻生が悪い。政府は、都民を救う気がないのか。東京の医療崩壊を知らんぷりすrつもりか。

・年末は倒産ラッシュがおきると、日刊ゲンダイが。
(オイラの見解)あおるな。

・米モデルナのワクチン、「第3相試験で、94.5%もの効果。年末までに出荷可能」と、希望を振りまくプレスリリース。

・ロシアのワクチン「スプートニクV」:「92%の効果がフリーズドライ(凍結乾燥)でも確認。来2月からフリーズドライに切り替えるので、冷凍輸送の必要を回避。世界への出荷にハードルがなくなった。

・世田谷「PCR検査プール方式」の実証研究:陽性率100%一致。所要時間hあ半分。費用は3分の1。
(おいらのコメント)きょうの記事の中では、これが一番だ。自分たちの決めたことに逆らうやつが嫌いな政府当局と感染研の利権学者は、世田谷方式を信用ならないと蹴落としてきた。世田谷区は承認を求めるそうなので、政府は邪魔せず、承認せよ。

政府と大阪がつるんでる

一昨日、大阪府知事が西村大臣に「GOTOイートは5人までを対象外とする」意見陳情を行い、昨日、菅首相は「感染拡大を防ぐため農林省も了解」と言及。数日前に、北海道知事が上京して「GOTOイートを検討しなおしてくれ」と申し入れてからの、「世論喚起して、変更嫌いの役所に呑ませる」一連の儀式がおわった。
以前に決まったことを変えるのを嫌うのは、省庁(役人組織)の習いであり、体質にまでなっている。そのため、政府トップですら、いろんな説得と外堀埋めをやってから変更を決める。これが自民党型の根回し政治だ。最初に提案した北海道知事も大阪知事も「GOTOイートは即中止」とは提案しなかった。4人まではOKと根拠付けるデータをひねり出して、やめる気のない農林省の顔を立てた。つまり、GOTO政策をやめるのではなく、一部変更するだけなので、GOTO政策をやってる役所の正当性は崩れない。しかし、GOTOやめたとなると、GOTO政策の正当性の根拠を崩すことになるので、それは受け入れられない。そういう事情が、この「4人まで」というバカな線引きを生み出したのだ。
政府と自民党政治の特徴は、ここにある。新しいことの決定でも、必ず既得権者の利益を残した答えを出すのだ。スパッと切れないのが特徴だ。おいらは、定義と境界線がはっきりしている政治が好みだ。その場の裁量でどうとでもできる法律や政治決定が、日本には多すぎる。
今回に「4人まで」の決定プロセスは、国民にとってわかりやすい事例となった。何がわかりやすいか?といえば、政府自民党が、自治体知事という別勢力とつるんで、妥協的決定(GOTO継続と中止を足して2で割るだけの政治)をやっているということを。わかりやすく示してくれた。自治体知事は、中止的措置を望む別勢力の顔をして、中止ではない決定に加担したということでもある。原発反対や基地反対で当選した知事が自民党に抱き込まれて、いつも妥協的決定に引きづりこまれる際も、同じ様相を見せる。この日本的政治の特性は、おそらく変わらないだろう。

Visits: 180



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA