誘惑を商売とするのは、ウイルスを絶滅させてからにしなさい

【人気サイト紹介】「コロナ対策の当局者を弾劾する 国民審査サイト」 あなたの清き一票を!!

きのう東京都に224人の新規感染者が出て、10日朝からテレビ各局が分析を論じていた、と思ったら、午後になって、本日10日は、243人となった。菅官房長官は、きのうと同じセリフ「緊急事態宣言を発出する状態とは考えていません」と会見で述べている。このせりふを、このヒトは、あと何日続けるつもりだろうか。
数値が動いて記録更新した新事態だというのに、当局は、なにごともなかったかのように、鈍い。対応を模索するための分析も皆無。大本営は緊張感があるのかないのか、「いま医療体制は逼迫してません」というだけ。感染を抑え込む積極策も皆無である。
これに関するNHKの報道も、通り一遍。世論から緊急事態宣言を要求されたくない当局を忖度して、人々が心配をしないよう言葉を選んでいるのか?と、邪推したくなるほどだ。

年末ごろの状態を予断すると、
・オリンピックは中止確定。
・アメリカの感染は収まらず。欧州も再燃。南米は燃え続け、インドなど南アジアは、死者100万人を超える。
・日本も死者5万人。失職者数1000万人。倒産企業1万社。
・秋に解散総選挙で安倍氏大勝。憲法改正に進む。
というところだ。最悪である。

この最悪が起きずにすむための方法はあるのか?
ない。
ないが、最悪が起きる前提に立って「無い知恵」を絞るべきなのだ。

兵庫県知事が「諸悪の根源は東京だ」と言って、その場ですぐ取り消した。取り消せばなかったことになると嘯いてるそうだが、東京人は敏感だ。二度と、兵庫県の市町村にふるさと納税しないだろう。GOTOキャンペーンを前倒しして7月22日から始めると発表があったが、東京人は、有馬温泉や城崎温泉を後回しにするだろう。

 一般人は、自分でできること(マスク・手洗い・社会距離)はしているので、これ以上は何をしていいのか途方に暮れている。この「途方に暮れる」感は、コロナに対処する緊張感をだらけさせるだろう。それは、気力をくじけさせることにもつながる。最初に嫌気をさして気力を失うのは、看護師だ。東京女子医大病院では、夏のボーナスが1円も支払われないため、400人が退職するらしい。医師たちにはボーナスが支払われたのだろうか?。ドミノだおしで医療は崩壊するかもしれない。

いま政府自治体のコロナ対策当局がやってることは、
・医療機関にベッドを用意しろ
・保健所はクラスターを追って経路を報告しろ
の2項目だけ。
ホストクラブの従業員を調べるのも、クラスター鬼ごっこの一環である。しかし、クラスター鬼ごっこは、ザルで水をすくうようなことで、全部をすくいきれるものではない。この実効性のないバカバカしいことをやるより、ホストクラブを営業禁止にしてしまうほうが、公費も、保健所の人手もかからない。
ホストクラブやナイトクラブ・キャバレーは、スキンシップがサービスの核の商売だ。三密を避けたガイドラインの下でその手の商売をしてくださいと当局者がいってまわっている姿は、後世の笑いものになるだろう。
こんなことに手間ヒマかけるのは、当局者の判断力がイカレている証拠。当局者に松平定信の気概があればホストたちは最初から島ながしであるし、そこまで強圧的でない田沼意次でも、ホストを、公序良俗風紀を乱す「おんな騙し」の慮外者として、江戸大坂ところ払いにしただろう。新宿区と豊島区と東京都は、かれらひとりひとりにご丁寧にも10万円を支払って、PCR検査をうけていただいている。当局者は、イカレているのである。彼らに払った金は、両区長と都知事から取り立てるべきだ。

きょうテレビでコメントした医師たちは、急増しつつある現状を見せつけられているいま、スポーツやイベントの観客制限を緩めたり、GOTOキャンペーンを前倒しする策は、「感染を増やす手伝い」になるだろうと、危惧を語る。政府当局は、緩和の約束をドタキャンして非難されるのを恐れて、国民の健康が危険にさらされるのは知らんぷりする。国民が怒らないのをいいことに、自分の責任さえ回避できれば、あとは野となれ山となれ、の精神を貫くらしい。
政府当局者の無能にしか見えない状況は、当局者ひとりひとりの無能のせいである。ひとりくらいマシな根性の役人がいれば、周りも感化されて、ちょっとはマシなことができるものだ。いまの当局には、マシな役人が一人もいないのであろう。

Visits: 316



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA