後進国化する日本?

旧現実コロナの市中感染がないので、
持病ある老齢者が、
①街を自由に歩きまわれる、
②誰かと会って、会話する、
③集まって何かをする
ことができた。
新現実コロナの市中感染があるので、
いつ、どこで、誰から感染するか、
わかったもんじゃない。
危なくて、
①街を自由に歩けない、
②誰かと会ったり、会話できない、
③集まれない
ということだ。

新現実がすめば旧現実にもどれるか?

上の表が、旧現実と新現実のちがいだ。

新現実が終了すれば旧現実にもどれると考えているなら、おおまちがいだ。もとには戻れない。

コロナの市中感染は、牛のよだれのように、ながながとつづく。すると、旧現実にもどることはできない。

日本人は、台風一過という言葉が好きだ。災害ではあるが、なにもかもきれいに押し流してくれるお祓いの感覚がある。しかし、コロナは、そうはいかない。台風で壊れた堤防を造り直すのとは、わけがちがう。

コロナでは、日本の死者は5万人を数えるだろう。アメリカは、10万~24万だそうだから、5万人におさえることができたら上出来かもしれない。保健所=大病院=診療所という医療保険体制は、がたがたになる。
さらに、救済や経済対策がうまくいかなければ、失業者・負債者・困窮者・自己破産者・廃業者が増え、慢性的な売上不足・赤字・倒産が増える。
こういうことがつもりつもって、結局、日本は、後進国化するというのだ。

新現実とは、先進国レベルのありようから、後進国レベルのありように進んで行く過程のことだ。

別のところでは、日本は、「マッドマックス化」するという説を立てている人もいる。この映画にえがかれるような暴力と狂気が日本を支配するとは思えないが、コロナ後の社会がどこに向かうのか、異能の占い師以外には、確信をもって言えないだろう。
私は、異能の占い師ではあるが、少し謙虚に、「中国と韓国が収束を宣言したあとどうなっていくかを先行事例として観察する」ことにしよう。

私やあなたのような個人だけが、世間を見渡しているだけで、最初に新現実を認識することができる。

政府や役人や御用学者は、世間がどうなってるかいくらでもデータを集められるのに、なにかの希望にしがみつきたい既得権者の顔色が気になって、素直に真実を認められない。彼らは、どうしようもなくなってから、一番最後に、新現実を認めざるを得ないところに追い込まれる。

政府や御用学者の提案する計画や言説を耳にしたら、心のなかで、ヤルヤル詐欺ではないだろうねと、まゆつばしてかかろう。そのほうが、こちらの身の安全を高めるに違いない。

Visits: 174



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA