ひとり100万の支給を!!

 

①全国民1億2800万人のひとりひとりに、100万円をすぐに渡す。

全国民への金の配布は、2つの道具を使えば、すぐに可能だ。

一つは、マイナンバーは全国民にふられたIDだから、全国民に払うとは、「すべてのマイナンバーに払う」ということだ。

2つ目は、マイナンバーと銀行口座の情報だ。もともと、口座実名制とマネーロンダリング防止の施策から、ほとんどすべての銀行口座は、マイナンバーに紐付けられているから、これを利用するのである。
すべての銀行・地銀・信金などに命令して、その金融機関が持っているマイナンバーと口座番号を政府に提出させれば、政府はただちに、国民ひとりひとりに金を振り込むことができる。
これが、全国民にただちに払う確実な方法だ。
自分の銀行口座に自分のマイナンバーを登録してこなかった預金者は、急いで銀行に走って登録すればよい。
政府は、マイナンバーに対して払うのだから、すでに支払ったマイナンバーの記録をもつことになるから、重複を容易に弾くことができる。
私のような趣味レベルのプログラマーでも、手元のPCだけで、「マイナンバーへの支払い管理システム」くらい作れる。「調べてみたら、個人とマイナンバーが紐付けられてる信頼できるデータが、少なかった」というような事態が出るのなら、急いで「銀行口座にマイナンバーを登録せよ、でないと、100万円の金ははらえないぞ」といえば、全預金者がマイナンバーを登録するだろう。

登録を受け付ける銀行は、その日に受け付けた新規の登録を当日中に政府にデータ送れば、政府は、翌日、受け取るべき本人に振り込みできるだろう。速いぞ。

②財務省も問題ない案だ

国民に金を支給することに絶対反対で、最後まで抵抗するのは、財務省だ。麻生大臣も、口汚く反対する。彼らがしぶしぶでも同意しないかぎり、100万円を支給することはできない。

しかし、財務省に対しては、次のように説得すれば良い。

①不公平だという意見に対しては

困ってる人と金持ちとが同じ金額では不公平だという人がいる。
この100万円は、ベイシックインカムの考え方で、政府が支給するノーマルな所得だという位置づけになる。
ゆえに、不公平ではない。

ここで支給する100万円をもらった人は、来年の確定申告で「総合所得」に加算して課税するようにすれば良い。
来年の確定申告で、コロナ影響で所得が少なくなった人は、低い税率での申告にすることになるので、もらった100万円を所得に加えても、税率10%か15%くらいで税として戻すことになる。
金持ちは、所得税率が40%とか45%になるから、住民税の10%を加えると、50%から55%を政府や自治体にもどすことになる。つまり、金持ちはもらう100万のうち半分以上を戻す。このようにすれば、コロナで経済的ダメージをうけた人と受けなかった人の不公平感を調整できる。

100万もらっても、あとで10%か15%かえすのはイヤだ。返さないですむようにしてくれ、というのなら、「年収500万円以下の人については、もらった100万円を全額、コロナ特別所得控除すること」にすれば、実質的に返さないことになる。

②財務省と与党の税調は、130兆円に賛成せよ

100万円を1億2800万人に配れば、128兆円になる。麻生財務省は、知恵をひねりもしないで、出費にはとにかく反対するだろうが、ちょっと考えれば、この案が非常に優れた案だとわかるはずだ。

なぜなら、
(A)130兆円は、無金利償還30年のコロナ国債を発行すればよいからだ。建築国債の代わりに、コロナ国債を出せば、1億円以上の金融資産を持ってる金持ちが260万人もいる日本の富裕をもってすれば、ある程度こなせるだろう。彼らはボランティアとして国債を26兆円分は買うだろう。数百兆円の内部留保をつみあげて使いみちのない企業がコロナ国債を52兆円分くらいは買うだろう。売れ残りは、日銀が買えばよい。

(B)こうして政府財務省に積み上がる128兆円の国債の償還(借金返済)は、どうやるか。
コロナ新税をやればいい。
東日本大震災後の始めていまなお続く「復興税」方式なら、全国民の所得に応じて回収するので、公平性は担保される。加えて、消費税を数パーセントあげて、国民に分担してもらう。これらを償還までの30年やり続ければ、130兆円は回収できる。政府財務省の懐は傷まない。

要約

①国民全員に100万円をべーシンクインカムとして、即刻支給する。所得税の対象とすれば、富裕者と貧民との不公平がない。

②130兆円の原資は、国債。無金利、償還30年でも、志ある国民は、応じる。売れ残りは日銀が買えばよい。

③償還は、コロナ新税で行なう。

以上である。

これは、

 

速い(すぐ支給できる)、
おいしい(国民が100万もらえて)、
安い(税で回収で、政府負担が)

吉野家の牛丼かね!?

Visits: 180



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA